無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第22話

敵対心
澤村大地
まあ経験者がいてくれたほうが
こっちも助かるしな!!
あなた

あっありがとうございます!!

周りにいるみんな

澤村先輩に賛成するように

頷いてくれている。

唯一影山を除いて……
田中龍之介
それにしても…
あんま育ってねぇなぁお前!!

田中先輩が日向を見下ろして言った。

頭の上に手を置いて

背を測るジェスチャーをする。
日向翔陽
あっ…ぐっ!
確かにあんまり変わってません
けどっ……でも!!
日向翔陽
小さくても俺は飛べます!
烏野のエースになってみせます!!
あなた

(そのセリフ……!!
そっか日向は私に似てるんだ…)

その発言を田中先輩が茶化して脅す。

菅原先輩は嬉しそうに日向を励ました。
日向翔陽
がっ、がんばりま……
影山飛雄
お前"エースになる"なんて
言うからにはちゃんと
上手くなってるんだろうな?
あなた

!!!?

あなた

(なんでそんな風にしか言えないの影山!!)

影山飛雄
ちんたらしてたら
また3年間棒に振るぞ。
日向翔陽
……なんだと!!
入部早々喧嘩勃発の最悪な雰囲気の

日向と影山に先輩方は呆れている。
あなた

ちょっ…やめなよ!!

いくら私が言っても

2人は聞く耳を持たない。



澤村先輩がため息をついた。
澤村大地
…お前らさー
もう敵同士じゃないって分かってる?
仲間だって自覚しなさいね。
バレーボールは繋いでナンボ。
大事なのは連携なんだから……
あなた

(…なんていい言葉!!
さすが主将だっ!!!!)


しかし……
日向翔陽
勝負しろよ俺と……!!


全く日向には聞こえていないようだ。
そこにすかさず田中先輩が突っ込む。
田中龍之介
ぅオイ!!
大地さんの話の途中だろうが!!
あなた

(ホントだよ…先輩の話くらい
聞く耳持ちなって……)

それでも2人の言い争いは続く。
いくら田中先輩が言っても

聞こうともしない。

そこに……
???
騒がしいなバレー部…
まさか喧嘩じゃないだろうね?
あなた

?!

あなた

(あれっ…先生だよね??
入学式で見た気がする……)

田中龍之介
ゲッ!教頭!
あなた

(ああ、そう言えば
教頭先生こんな人だったかも)

すかさず菅原先輩が小声で
菅原孝支
……先生!!
田中龍之介
せんせいっ
じろりと教頭先生が睨む。

なにかとすぐ問題行動にしたがる

と初日から有名だった先生だ。

2人の言い争いを"喧嘩"でまとめようとする。
澤村大地
喧嘩!?まさか!
切磋琢磨ってやつですよっ
なっ!!
あなた

(澤村先輩ナイスフォロー!!)

先輩がいいフォローをしてくれた

おかげでなんとか凌げそうだったにも

関わらず2人の言い争いは続く。
しまいには

影山のサーブを日向が上げる勝負

が始まることになった。
あなた

(勝負って言うのかこれ、、)

相変わらず主将の指示を聞かない1年に

教頭先生は「問題だ」とばかり呟いている。

あなた

(てゆーか……
影山のサーブなんて私でもとれないのに)

あなた

(日向大丈夫なの!?)