無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第19話

一歩
清水潔子
自己紹介が遅れてごめんね、
男子バレーボール部 3年
マネージャーの清水潔子です。
あなたが入部希望の人??
あなた

えっ!あっ!はいっ!!
そうでしゅっ!!!!!

清水潔子
(でしゅ……)
あなた

(かっ噛んだぁぁぁぁ)

あなた

1年の国見あなたです!!
男バレのマネージャー志望です!!
ふつつかものですが…
何卒よろしくお願いしまっす!!!

清水潔子
(すごい張り切ってる……ふふっ…
なんでふつつかものなんだろう…)
清水潔子
あなたちゃんね、
マネージャーの仕事っていっても
はじめは私がサポートしながら
やっていくから安心してね。
あなた

恩に着ます!!!

清水潔子
(この子ちょっと面白い……)
そんなに気張らなくても大丈夫
だから肩の力抜いてやっていこう?
あなた

了解致しました!!

清水潔子
もう昼休みも終わるし…
あなたちゃん次授業あるでしょ?
他の3年には私から言っておくから
今日はもう大丈夫よ、ありがとね。
あなた

(なっ!!なんて慈悲深い…)
ありがとうございますっ!!
失礼します!!!

清水潔子
明日から部活に来てね。
あなた

はいっ!!!

清水潔子
(やっぱり面白い……)












先輩のマネージャーさんに挨拶を済ませた。

残すは…ついに明日から……!!

私は新しいスタートを切る!!!