無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第7話

最悪
先生は「お、おう…」
とだけ言ってHRを再開した。







私は横目で月島くんをキッと睨む。



月島蛍
ふっ…そんな睨まないでよ。
僕が悪かったって。
あなた

影山くんと仲良くしてよね。

月島蛍
それはどうかな〜
キミはさっきあんな風に言ったけどさ…
月島蛍
たかが部活でしょ
あなた

なんでそんな事…




何故だろう。目頭が熱くなってる。
月島蛍
とにかく、
僕にとって部活はそういうものだから。
月島蛍
まぁ気が向いたら仲良くしてあげるよ。
あなた

うん……





それしか返せなかった。

口を開いたら

何かが溢れてしまいそうだったから。







あなた

(影山……ごめん)










そうこうしているうちにHRは終了し、

入学初日から最悪のスタートとなった。