無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第18話

挨拶
両親の了解を貰い

残すは監督へ渡す入部届けだけ。
あなた

(ここが職員室かな…)

コンコンっ
あなた

失礼します!!
1年4組国見あなたです!!
たっ武田先生に用があって来まひた!




(んなぁ…!!か、噛んだ……)
武田先生
はい!!新入生ですか。
どうかしましたか?
見るからに優しそうな先生。

まだ若いのだろうか。

私の隣を通り過ぎていく

周りの先生方にペコペコしている。
あなた

あの…実は入部届けを出しに来て…

武田先生
えっ!!!
ってことはマネージャーになって
くれるんですか!!??
あなた

ひぇっ…あっ、はい。
そうです…男バレのマネージャーに…

武田先生
〜っ!!!!!!!!
ありがとうございます!!!
えっ、と…1年4組の国見さんだね!
あなた

は、はい。

武田先生
主将には僕から伝えておくから!!
あ、それと3年生にもマネージャー
がいるから挨拶がてらクラスに
顔を出してきたらどうですか??
あなた

えぇっ…そんな急に……

武田先生
あははっ心配しないで!!
優しい人だから大丈夫ですよ。
この紙にクラスと教室の場所
書いておくので時間があるとき
に行ってみてくださいね!!
あなた

わっ…かりました。

この先生……新米とかじゃなくて

普通に律儀な人なんだ……。
あなた

(それにしても3年生の教室…怖い…)





昼休み。

早めに昼食をとり時間が出来たため

先生に言われた通り

そのマネージャーさんがいる教室に

挨拶をしに行くことにした。
あなた

(うわっ…で、でか…)



廊下で話してる人たちがたくさんいた。

みんな高校生とは思えないくらい大きい。
あなた

(…おんなじ高校生なんだ!
ビビるなぁぁ私……!!!!)


先生の紙に書いてある

マネージャーさんがいる教室に着いた。
あなた

(どっどうしよ……)

???
どうしたの??
新入生??
あなた

ひぇっ!!

教室のドアの前にいた私は

後ろから急に話しかけられて

恥ずかしい悲鳴をあげてしまった。
あなた

あっ……あの!!
男バレのマネージャーの
清水さんを探している
のですがっ……!!!!

って……顔を上げたら

めちゃくちゃ美人な先輩…。

こんな人世の中に存在するんだ…。
清水潔子
ふふっ
そんなに緊張しなくても大丈夫よ。
それで…新入生が私に何か用事??
あなた

えっ、あっ!!
もしかして清水さんですか!?









こーゆー人を絶世の美女って言うんだろう。

神様は不平等だ……。