無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第3話

感じ悪い
あなた

ひゃあっ!!ごっ、ごめんなさい!!!

???
別に平気だけど……
???
僕になんか用??
なんもないなら早く歩けば、?
あなた

(えっ…こんな人クラスにいたんだ…
タイプじゃないけど結構カッコい i …)

???
そんなバカ面下げてないでさ、
あなた

(……ん?バカ面って誰が……
えっ、それって私……)

???
じゃ、僕行くから
あなた

ちょっ、待っ!!






私が言いかけたときには
その男子はもう歩き出していた。

それにしても……
あなた

なんか感じ悪くない!??



私は自分が他の人より頭悪い自覚はあるけど
バカ面さげた覚えなんてないんですけど!?



入学早々ついてないや…


でもさっきの子すごい背高かったな…

あれでスポーツやってなかったら

もったいなすぎる……

スラっとしてるしバスケ部かな?




それとも……









まぁ私には関係ない話だけどね