無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第1話

はじまり
今日から始まるんだ_____


"第二の"私の人生が______






「4月6日」



今日は烏野高校の入学式。



これから華の高校3年間を過ごす学校は
よくある地味な田舎の県立高校だ。



私の学力的にも問題なく、かつ、
家から自転車で10分というお手頃な高校。
そしてなにより制服が可愛い。



高校でやりたいことが特になかった私は
すぐに第一志望をここに決めた。



自宅から近いというのもあって
中学から馴染みのある顔ぶれが多いし、
知ってる先輩もたくさんいる。



高校生活のスタートダッシュは
特に心配することが無さそうだった。
























この時まではーー