無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第20話

再会
キーンコーンカーンコーン



あなた

(よしっ…!!放課後だ!!)

HRが終わると体育館までダッシュ。
あなた

(今日からマネージャーだっ)

もうすでに開いている体育館のドアから

バレーコートが見える。
あなた

(よしっ…大きな声で挨拶…!!)

あなた

こんにちはー!!!

って……ありゃ??

すでに先客が2人。

向かい合って何か話している。
あなた

(えっ影山……)

影山飛雄
クソ下手くそやな奴!!
あなた

ひぇっ……
(ちょっと何言ってんの!?)

影山が叫んだ相手は……
???
…バ…バカにすんなよ…!!
確かにあん時はボロ負けしたけど
???
次は負けない!!!!


オレンジ色の髪をした

見るからに背が低い少年が1人。
あなた

(あんな子…他の中学にいた??
強豪にはいなかった気がするけど…)

あなた

(なんでそんな子のことを
影山は知ってるの……??)

重い空気のなか

勇気を振り絞って声を出す。
あなた

あっ…あの!!!!!

影山飛雄
!?
???
へっ?
あなた

よくわかんないけど…
喧嘩はやめようよっ!!

2人に近づいていく。
あなた

…あっ、えっと
急におっきな声出してごめん…

影山飛雄
なんでお前こんなとこいんだよ…
???
ふぇっ!?
知り合い!?!
あなた

あっごめん…自己紹介が遅れたね、
1年4組の国見あなたです。
影山とは同じ北川第一中出身なの…

日向翔陽
おっ俺は日向翔陽!!
勝つためにここに来た…!
よろしくな!国見さん!!
影山飛雄
そんなのどうでもいいんだよ…
なんでここにいるのか聞いてる。
あなた

えっと、今日から
男子バレーボール部の
マネージャーをやることになって…

日向翔陽
うぉぉぉお!!
マネージャー!?すげぇ!!

目が輝いている日向を影山が睨む。
影山飛雄
おまえ…もうバレーやんねぇのかよ
あなた

…っ、そっ、それは…
影山だって分かってるでしょ!
もうバレー出来る足じゃないの!!

日向翔陽
おいっ!!おまえ!!
そんな国見さんいじめんなよ!!
影山飛雄
別にいじめてなんかねぇよ!!
日向翔陽
ていうか、お前こそ!!
なんでここにいんだよ!!
もっと強豪!って感じの学校あるだろ!
日向翔陽
なんでソッチに行ってないんだよ!?
あなた

(あっ…待ってそれは禁句……)




ほんの一瞬沈黙が流れた。






影山飛雄
県内一の強豪校には……
影山飛雄
おちた。








それを聞いた日向は

なんとも言えない顔で影山を見ていた。