無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第23話

仲間意識
影山は反対側のコートへ。

日向はまだ少し緊張しているようだ。

あなた

(そりゃそうだよ…
県でもトップクラスだもん……)

影山は中学時代

言わずと知れた県内NO.1セッターだ。
影山飛雄
行くぞ。
影山は数歩離れてから…



キュキュッ……
あなた

ジャンプサーブ!?
去年まで普通のサーブだったのに…

バシッッ
ボールは日向の顔面に向かっていく。
あなた

日向っ避けてっ!!

ギリギリのところで日向がかわす。
日向翔陽
もう一本。
あなた

(すごい度胸……)

影山がもう一度ジャンプサーブの助走に入る。



キュキュッッ






バシィッ
あなた

……はやい!!

影山のサーブは真っ直ぐ入った。




しかし…
あなた

反応早いっ!!

日向が真正面に入っていた。
あなた

(きっちり正面で捕え……)

日向翔陽
ほぐっ

腕に当たったはいいものの

ボールがはね返って日向の顔面に当たる。
あなた

危ないっ……!!!!

ボールの速度はそこで収まらず……
あなた

ああっ…

時すでに遅し。






ボッ





教頭先生
!!!!!?

影山のサーブが

教頭先生の顔面にクリーンヒット。

幸い正面から入らなかったから良かったが。
あなた

……あれっ


その瞬間。



ふわぁっ
あなた

!!!?

日向翔陽
!!!
影山飛雄
!!!
田中龍之介
!!!
菅原孝支
!!!

その衝撃で教頭先生のカツラが吹っ飛んだ。


そしてそのカツラは宙を舞ったあと……



ふさっ
澤村大地
!!!!!
あなた

(なあっ……)



綺麗に澤村先輩の頭に乗っかった。
あなた

(ヅラって気づいてたけど……)


なんとも言えない沈黙が流れる。
菅原孝支
だっ…大地……!!


そしてその静寂をやぶったのは……
影山飛雄
……アレ…ヅラだったのか!!
日向翔陽
気づくの遅えよ!
みんな入学式で気づいてたぞ!!
田中龍之介
ブオッフ!お前らっ!
ブクック!黙れ
菅原孝支
田中も黙れ!!
あなた

影山のバカっぷりが
ここで発揮されるなんて…







まずい状況だ。

男子バレーボール部存続の危機!!








どうなってしまうんだろう。