無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第1話

相談事
🍓瑠梨👑
🍓瑠梨👑
皆様こんにちは
🍓瑠梨👑
🍓瑠梨👑
私はですね
🍓瑠梨👑
🍓瑠梨👑
今日体調が悪い演技をして休みました理由は
🍓瑠梨👑
🍓瑠梨👑
周りにどう思われてるかウザいとか思われてるかもとか思ったりそうゆう考えで休みました
🍓瑠梨👑
🍓瑠梨👑
こうおもい始めたのは
🍓瑠梨👑
🍓瑠梨👑
私が8人くらいの友達と夏の頃に
遊んでいたときのこと
🍓瑠梨👑
🍓瑠梨👑
わたしは暑かったので持っていたタオルを濡らしに友達に水道のとこ行ってくるって行ってタオルを濡らしていたら
🍓瑠梨👑
🍓瑠梨👑
8人の中の一人J子ちゃんが来ました
🍓瑠梨👑
🍓瑠梨👑
だから私がどうしたん?って聞いたらみんな◯◯に行ったよって言ってくれましたなんでや?っていうとその友達がK子ちゃん達があいつウザいから置いて行こ笑って言ってたそうです。
🍓瑠梨👑
🍓瑠梨👑
そのあとJ子と◯◯に行って私と友達は黙りましたどうしたんってK子ちゃんが言いました私はK子ちゃん達の中に私が信頼していた親友がいました裏切られたショックなので私は泣いてました
🍓瑠梨👑
🍓瑠梨👑
でも私を待っていてくれたJ子ちゃんは言ってくれました私のことを置いてったのは何故かなど
🍓瑠梨👑
🍓瑠梨👑
J子ちゃんは話してる途中何故か泣いていました
🍓瑠梨👑
🍓瑠梨👑
ちょっと待ってって言って私はJ子ちゃんを連れ少し離れました
🍓瑠梨👑
🍓瑠梨👑
戻ったあと謝ってくれて許しましたがそれは言葉だけです私は許していませんそれから私はJ子ちゃんと席が隣になりましたあの一件があり私はJ子ちゃんを信頼していましたですが相手は私を嫌っているとおもい始めました私は少し目が悪く私達は1番後ろで見えないときにきいていたのですがいつも嫌そうな顔でちゃんと話聞かんとって言われましたそして私は鉛筆削りを持っていてその子に時々貸していたのですが私が忘れて貸してって言った時嫌そうな顔で渡されましたちゃんと持ってこんとって言われましたその時確信私
この子に嫌われてると、でもまだ信じたかったので友達に聞いてみてと頼みましたそしたら答えは嫌いでした
🍓瑠梨👑
🍓瑠梨👑
また裏切られたショックで私はその日から周りを警戒しましたあの人私をウザいって思ってるのかな?私の事きらいなのかな?また信じても裏切られるのかな?とか思っていきたくなくなりでも将来の為に学校に行ってましたでも今日はいつも以上に行きたくないが強くお腹が痛い演技をして休みました今日はある大事なオーディションがあったんですが休みましたですが明日行かなければ他の方にめいわくがかかるかもしれません
🍓瑠梨👑
🍓瑠梨👑
どうか解決する方法はないでしょうか?