無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第3話

お昼ご飯は…♡ 🔞
202
2022/02/05 03:01
台所で物音が聞こえる
左馬刻が何か作ってるのだろうか
時計を見ればちょうどお昼時でお腹がすいていた頃だった
思わず俺は左馬刻を後ろから抱きしめた
左馬刻
左馬刻
うぉっ包丁持ってんだから危ねぇだろうが!
一郎
一郎
ん〜?
すりすりと左馬刻に頭を擦り付ける
左馬刻
左馬刻
(やりずれぇ…)
一郎
一郎
今日のご飯なんだ?
左馬刻
左馬刻
オムライス……あと離れろや
やだ…ずっとくっついてたい
そう伝えると
左馬刻
左馬刻
赤ちゃんでちゅね〜一郎くんは
一郎
一郎
……赤ちゃんじゃねぇ…
と言い左馬刻のアロハの中に腕を入れ胸の突起物をいじる
左馬刻
左馬刻
んっ…あっ♡っておい!やめ……♡
ピンピンと弾くように弄るとビクビクしながら腰をくねらせる左馬刻
エロすぎる…
左馬刻
左馬刻
んん…♡や…♡♡
一郎
一郎
気持ちい?
耳元で話しかけるとビクッと腰を動かす左馬刻
耳弱いもんな
やば…勃ちそうてか勃つ
左馬刻
左馬刻
やめ……ろや…♡
一郎
一郎
ん〜
コウ
コウ
終わりです
一郎
一郎
は?
左馬刻
左馬刻
あ?
二郎
二郎
お前書くの遅い割に短ぇんだよ
三郎
三郎
そうだそうだ
コウ
コウ
そんな言わんでも…
コウ
コウ
なれねぇんだもんさ
(なまえ)
あなた
さ…?
コウ
コウ
誤字だよ
左馬刻
左馬刻
死ね
コウ
コウ
あ?
三郎
三郎
終わらせ方がわかんない
二郎
二郎
もうこれ出よくね?
(なまえ)
あなた
終わり方雑やな
(なまえ)
あなた
ばいば〜い