無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

121
2021/06/27

第5話

同室狼。

なんだ?コレ、、、、『ペン』、、、、か?
見たことないペンだな、、、、
まぁ、誰かが来るまで待っとくか、、、
その頃あなたの所では───────
あなた

わぁ、、、、!

あなた

ねぇ十四松兄さん!寮内に綺麗な水がある!!!!✨
すごいなぁ!✨

十四松(ジュウシマツ)
十四松(ジュウシマツ)
え〜!?
そんなにすごくなくなぁい!?
十四松(ジュウシマツ)
十四松(ジュウシマツ)
水なら家の方にもあるでしょ〜?
あなた

そうじゃないんだよ、、、、
夜とかきらきらして綺麗だろうなぁって思ってさぁ

十四松(ジュウシマツ)
十四松(ジュウシマツ)
へ〜
あなた

さっ、もうそろそろ全部回り終わったし!
部屋に戻ろう?

十四松(ジュウシマツ)
十四松(ジュウシマツ)
あい!!
あなた

じゃあね〜

十四松(ジュウシマツ)
十四松(ジュウシマツ)
ばいばーい!!!
─────────────────
あなた

ふぅ、、ちょっとつかれたなぁ、

ガチャ
あ、お前、この部屋の奴か?
あなた

うん、そうだけど
お前も?

おう、、、、、、
あなた

そっか、よろしくな!

、、、よろしく。
あなた

んだよ素っ気ねぇなぁ、、、

、、、、、これ、、
あなた

!!

これ、、、お前のか、、?
あなた

っ!

あなた

っうん、、!
ごめん、ベッドの上に置いといたつもりだったんだけど、、、、落ちてた、、?

おう、そこに。
あなた

あー、、、まじか、ごめんな?
ありがと

別に迷惑だなんてこれくらい思ってねぇからどーってことねぇ
あなた

そ。
ならいいや

あなた

あ、お前、名前は?

ジャック
ジャック
、、、ジャック、ジャック・ハウルだ。
あなた

へぇ、
ぼくはあなた・マツノ。
よろしくな。

ジャック
ジャック
俺はよろしくするつもりはねぇけどな
あなた

つれねぇなぁお前www
お前のそーゆーとこすきだわぁw

あなた

うん、でも、一匹狼、、、、、
かっこよくていいな、、、

ジャック
ジャック
、、、、(実は照れてる)
ジャック
ジャック
そうか。
、、、、、、ん、ペン、渡すの忘れちまった、すまん
あなた

あ、大丈夫大丈夫。
拾ってくれてありがとう

ジャック
ジャック
おう
あなた

じゃあぼく、寝るから

ジャック
ジャック
!?
あなた

おやすみ、、、

ジャック
ジャック
お、おやすみ、、、、(まだ昼の3時だぞ!?)
──────────────────────
、、、ん、、くん!、、、〜くん!!!、あなたくん!!!!!!
ラギー
ラギー
あなたくん!!!
あなた

ゑっ!?!?

ガタッ
あなた

あ、!お、おはようございます!

ラギー
ラギー
おはようじゃないっス、、、
ラギー
ラギー
晩飯なんで、そろそろ談話室来てちゃっちゃと食っちゃってくださいっス
あなた

はーい

ラギー
ラギー
そんじゃ。
寝すぎには気をつけるんスよ〜
あなた

はーい
ありがとうございまーす

ガチャン
あなた

、、、、、母さんかな

────────────────
ガヤガヤ
ヒョコッ
あなた

(まだ皆さん食べていらっしゃる、、、、)

あなた

(、、、、、どこか空いてる席、、、)

あなた

(あった!)

テクテクテク、、
ガタッ
あなた

(ふぅ、、、座れた、、、空いててよかった、)

あなた

(、、、、それにしても)

あなた

みんな身長高すぎでは?(ボソッ)

ジャック
ジャック
お前が小さいだけじゃないか?
ガタガタガッタ-ン!!
あなた

、、、、びっくりさせんなよ、、(真顔)

ジャック
ジャック
悪い、驚かせるつもりはなかった
あなた

いや、いいよ

あなた

あ、この場にいる皆様、とてもうるさい音で迷惑をお掛けしてしまい、大変申し訳ございませんでした。

!?!?(サバナクロー寮生)
ジャック
ジャック
、、、、お前、敬語上手いな
あなた

まぁ、去年までずっと叩き込まれてきてたからね

ジャック
ジャック
そうか、
ジャック
ジャック
あ、とりあえずさっさと食えよ
時間が無くなる
あなた

それもそうだな
よし、いただきます。

あなた

、、、!!!

あなた

おいしい、、、!

ジャック
ジャック
、、良かったな
───────────────────続く