無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

86
2021/01/16

第9話

赤い兄さん。
放課後─────────────
エース
エース
あーっっっっ!!!!!
つかれたぁぁああぁーっっっっ!!!!
あなた

なぁにが『つかれたー!』だよ!!
お前今日授業半分以上寝てただろ!!!!

デュース
デュース
そうだぞエース。
あなた

デュースも自習中寝てたけどね

デュース
デュース
、、、、まじか、、(無自覚)
監督生
監督生
あなたも飛行術サボって寝てたけどね
あなた

あっっっ、、おまっっっ、、、、、ユウー!!!!!!!

エース
エース
、、、、、あなた?(ニコッ)
あなた

あ〜!!!もう鏡の間じゃーん!!ぼく急いでるからもういくね〜!!!!!(汗)
あとでオンボロ寮いくね〜!!!!!

ビュンッッ
エース
エース
あっ!おまっ!あなた!!!!!!!
デュース
デュース
、、、さすが虎だな
一方あなた──────────────────
ガチャ
あなた

ふぅぁ、、ただいま、、、

あなた

ジャック、、、はまだか、、、

あなた

、、、、、てかこの部屋、4人部屋のはずなのに2人しか居ねぇってどういうこっちゃ、、、

十四松(ジュウシマツ)
十四松(ジュウシマツ)
それはね、レオナが『それくらいはしてやらねぇとまずいだろ』ってレオナなりに配慮してくれたんだよ!!!
あなた

わぁぁぁぁぁあぁぁぁぁぁ!?!?!?

あなた

にぃちゃん!?!?!?!?

十四松(ジュウシマツ)
十四松(ジュウシマツ)
あははー!!!
あなた、ドア開けっ放しは良くないよ!!!!
ここは家じゃないからね!!!!!
あなた

あ、ありがとう

あなた

あ、兄さん、ぼく、今からオンボロ寮っていうところのユウに会いに行くから、よろしくね

十四松(ジュウシマツ)
十四松(ジュウシマツ)
オンボロ寮!?!?
ユウ!?!?!?
なにそれー!!!!
ねぇあなた!!
僕も連れてってー!!!
あなた

え、あ、い、いいけど、、

十四松(ジュウシマツ)
十四松(ジュウシマツ)
やったぁ!!
あなた

ちょっとまってね、いまから着替えるから

十四松(ジュウシマツ)
十四松(ジュウシマツ)
うんっ!(クルッ(後ろを向く))
あなた

(十四松兄さん、こーゆーとこちゃんとしてくれてるから何気にちゃんとしてるんだよなぁ)

───────────────────
あなた

よしっ!

十四松(ジュウシマツ)
十四松(ジュウシマツ)
おわったぁ?
あなた

うん!いこっ、兄さん!

十四松(ジュウシマツ)
十四松(ジュウシマツ)
うんっ!!
鏡の間─────────────────────
あなた

、、、、どーん!!!!!

バフッ
エース
エース
おぉ!?!?!?
デュース
デュース
うわっ!?!?!?
エース
エース
だれっ!?!?!?
あなた

にへへぇ〜ん♪

デュース
デュース
はぁ、なんだあなたか、、、
びっくりさせるなよ、、
あなた

ははwごめんごめんw

あなた

、、で、なんで2人はここにいんの?

デュース
デュース
あ〜、
エース
エース
それがさ〜、、、、
デュース
デュース
鏡が、、、、ない、、、、んだ、、
あなた

えっ!?!?!?!?!?!?!?!?

あなた

じゃあどうやって行くの!?!?

監督生
監督生
おーい!!!!あなた!!!!!!
あなた

あっ!ユウ!!

エース
エース
よかったぁ、、、ねね、監督生、なんでここにオンボロ寮の鏡ないの?
監督生
監督生
あー、、、、
もう何年も使われてないから、鏡も撤去しちゃったんじゃないかな、?
あなた

そーゆーことかぁ、、

監督生
監督生
見に来てみて良かったよぉ、、、、、
あなた

ありがとぉねぇ

監督生
監督生
いいえ〜
デュース
デュース
、、、、、で、さっきからそこにいる人は誰なんだ?
十四松(ジュウシマツ)
十四松(ジュウシマツ)
ぼく!?
十四松(ジュウシマツ)
十四松(ジュウシマツ)
ぼくはね!
3年A組!
十四松!!!
ジュウシマツ・マツノ!!!!!!
エース
エース
マツノ、、、、?
マツノってことは、、、、、、、
エース
エース
あなたの、、、、兄貴、、、、?
あなた

せ〜かぁい!!!!!!

エース
エース
まじかぁぁ、、、、、
エース
エース
てゆーかなんでサバナクロー寮の寮服?
ジュウシマツ先輩、この前うちの寮服来てませんでした?
あなた

あー、、、、、

あなた

それ、違うマツだね、、、、、、

デュース
デュース
、、え?
あなた

だから、、、違うマt

エース
エース
そーじゃなくて、、!
お前、兄貴何人いんの、、、?
あなた

え、?
ジュウシマツ兄さんも含め6人だよ?
自己紹介の時に言ったじゃん

十四松(ジュウシマツ)
十四松(ジュウシマツ)
ちなみに6つ子だよー!!!!!!
監督生
監督生
えっ
エース
エース
えっ
デュース
デュース
えっ
あなた

ん?

あなた

、、、、、ちょっとまって、あれ兄さんだよね、、?
十四松兄さん、、、

十四松(ジュウシマツ)
十四松(ジュウシマツ)
、、、そうだね、なんでここにいるんだろ
十四松(ジュウシマツ)
十四松(ジュウシマツ)
今日は兄さん、日直でもないし珍しく居残りじゃないから居ないはずなのに、、、、
おそ松(オソマツ)
おそ松(オソマツ)
もー失礼だなーじゅうしまっちゃぁん!!
俺がいつも居残りしてると思うなよ〜っ!
エース
エース
わぁっ!?先輩!?
おそ松(オソマツ)
おそ松(オソマツ)
よっ!問題児エースぅ〜!
なんか面白そうだから着いてきたらあなた達がいたんだけど、どゆこと?
エース
エース
あーっと、、、
俺らクラス一緒で、人が少ないオンボロ寮で一緒に遊ぼうぜってなって、ここで待ち合わせしてたんすよ
おそ松(オソマツ)
おそ松(オソマツ)
へぇ、ところでその『オンボロ寮』ってどこにあるの?ここの鏡の間にはない寮だよね?
監督生
監督生
歩いていきます。
おそ松(オソマツ)
おそ松(オソマツ)
、、、、は?
監督生
監督生
そんなに遠くないので、歩いていきます。
おそ松(オソマツ)
おそ松(オソマツ)
、、、、、まじか、
監督生
監督生
まじです。
とりあえず着いてきてください。
あなたのお兄さん達も来ますか?
十四松(ジュウシマツ)
十四松(ジュウシマツ)
いくー!!!
おそ松(オソマツ)
おそ松(オソマツ)
俺もせっかくだしねー
あなた

じゃあユウっ!案内よろしくねっ!

監督生
監督生
はいはーい
オンボロ寮到着後──────────────────
あなた

ついたーっ!!!!!

エース
エース
こっわ、、、、ホーンデッドハウスか?
監督生
監督生
はっ倒すぞ
エース
エース
ごめんて
おそ松(オソマツ)
おそ松(オソマツ)
、、、ホーンデッドハウスってなに?((コソッ))
十四松(ジュウシマツ)
十四松(ジュウシマツ)
お化け屋敷の事だよ((コソッ))
あなた

なるほど((コソッ))

監督生
監督生
まぁ、説明諸々は省きまして、、、、
ようこそ!オンボロ寮へ!
グリム
グリム
なんだゾ!
デュース
デュース
ははっ、ありがとう!
オンボロ寮の中へ入る
全員
全員
、、、、、、、、
あなた

汚っ

エース
エース
おまっ、、、皆が言えないことをいともそんなか易々と、、、、、
あなた

え、、、ごめん、、、

あなた

ちょ、持ってきたお菓子食って待ってて、、、、
兄さんたちとぼくは掃除ね

おそ松(オソマツ)
おそ松(オソマツ)
は?
十四松(ジュウシマツ)
十四松(ジュウシマツ)
えーっ
あなた

あとで要望1つ聞いたげるから、、、、ね?
おねがい〜〜っっ!!!(キラキラとした眼差し)

全員
全員
(オソマツ&ジュウシマツ)
うっ、、、、いいよ、、、、、(妹に弱い)
あなた

ありがとう兄さんたちっ!!!

あなた

じゃあエースたちはこれあげるから食べててね〜!(魔法で約30cmに積まれたお菓子を出す)

あなた

よーし兄さんたちっ!がんばろー!!!

エース
エース
、、、、、あなたって、、、、すごいな、
デュース
デュース
、、、だな
監督生
監督生
、、、うん
あなた

ん?

エース
エース
いやー、このお菓子美味しいなーって話〜
あなた

ふーん、ま、1分でかたすから、まっててよ。

監督生
監督生
わかった〜、ありがとね〜!
、、、、、ん、、?、、、え、、?
続く──────────────────────



また投稿遅くなってしまい申し訳ございません。
どうしてもリアルが忙しくて、、、
冬休みということでできるだけ投稿できるように頑張ります。