無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

193
2020/11/21

第2話

はじめまして。
どうしたんだ?自分の寮の寮長の所へ向かわないのか?
あなた

わぁっ!?!?

あ、すまん、驚かせるつもりはなかったんだが、、、、、
あなた

あぁ大丈夫大丈夫、こっちこそ急に驚いてごめん、

あなた

ぼくは1年A組、あなた・マツノ。ホワイトタイガーの獣人族。

あなた

お前は?

ぼくは、、、
デュース
デュース
君と同じく1年A組、デュース・スペード。
よろしくな。
あなた

おっ!
クラス同じだったのかぁ!!!✨✨
よろしくなぁっ!

おいおまえっ!
デュース
デュース

ぼくか?
そうそうお前お前!
あーえーと、、、
デュース
デュース
デュースだ。
あっそうそう!!!
エース
エース
俺はエース!エース・トラッポラ!!1年A組!!
てかデュース!寮長がお前のこと探してたから俺が探しに来たんですけどぉ!?!?
あなた

あ、ぼくが迷っちゃってどこだか分からなくて声をかけてくれただけだからデュースは悪くないよ!

エース
エース
あ、そなの
てかお前誰?
あなた

ぼくはあなた!
2人と同じクラスのホワイトタイガー獣人族!

エース
エース
へぇ、で、どこだか分かったの?
あなた

あ、、、

エース
エース
、、、はぁ、
寮、どこ?
あなた

さ、サバナクロー、!

エース
エース
サバナクローかぁ、
じゃあ、あのごっつい系のがいっぱいいて、寮長が黒めの肌の人の所だと思う
あなた

!!!

あなた

ありがとう!!✨✨

エース
エース
どーってことよっ
じゃあ、早く行け、またクラスでな!
あなた

うん!!!

タッタッタッタッ、、、、、
あなた

えーとっ、えーとっ、

あなた

あっ!

あなた

ここかぁっ!!!✨

あなた

耳が生えててみんなムッキムキだなぁ、
ぼくも持っとムキムキになりたいなぁ、、、

あなた

ま、やる気ねーからしょうがないかぁ

ふぁぁ、、、
これで全員か?
よし、サバナクロー、着いてこい。
全員
全員
はい!!!!!!!!!!!(サバナクロー寮生)
あなた

(あの人が寮長、、、!!!!!)

あなた

(そしてみんな声がでかい、、、)

コツコツコツコツコツ、、、、、
あなた

(あ、置いてかれる、、!)

タッタッタッ、、
あなた

(あっぶねぇ〜、、、、)

あなた

(ぼく、列の最後尾だな、、まぁいいか、、)

あなた

(、、、、!?)

あなた

(まってまって歩幅広い置いてかれる、、、、!!!!)

タタタタタタタ、、、、
あなた

(同じ歩幅で歩いたら、、、、!)

あなた

足が、、、ちぎれるぅ、、、、、、、

、、、大丈夫っスか?
あなた

!?(先輩かな、、!?)

あなた

え!?あ、声に出てました!?!?

思い切り出てたッスよ、、、、
あなた

本当ですか、、、、
すみません、、、、、

いやぁ、でも、あの人たち身長高い分、歩幅がちょー広いっスからねぇ〜、、、、
ラギー
ラギー
あっ、申し遅れたっス!
2年B組のラギー・ブッチって言うっス!
ラギー
ラギー
君は新入生くんっスか?
あなた

はい!そうです!
1年A組のあなた・マツノです!!!

ラギー
ラギー
ん?
今、『マツノ』って言いました?
あなた


え、そうですけど、、、、、

ラギー
ラギー
、、もしかして、お兄さん居たりするっスか、、、?
あなた

はい!!!
6つ子の兄貴たちg(

ラギー
ラギー
もしかしてジュウシマツさんの妹さんっスか!?
あなた

え!?
て事はもしや十四松兄さんと同じ寮、、!?

あなた!!!!!!!!!!!!!!
あなた

っ!!

──────────続く