無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話
225
2020/09/21

第1話

ようこそ。
入学式─────
あなた

まぁたにいちゃんたちさぼってるなぁ、、、、、
どこにもいない、、、、

闇の鏡『汝の魂の形は──────』
闇の鏡『ハーツラビュル!!!!!!!』
おっハーツラビュルかぁ〜
まぁ兄貴も同じハーツラビュルだったし、何となく分かってたけど
あなた

(兄貴、、、私と同じ、、、)

闇の鏡『汝の魂の形は─────』
闇の鏡『ポムフィオーレ!!!!!!!』
え"ぇ"っ!?
なして俺があんなきらきらした場所行がなぐて行けねんだ!?
あなた

(かわいい顔してすごいこと言うなぁ)

───────────しばらくして
次。
あなた

(あ、私か)

あなた

はい

スッ(立ち上がる音)
闇の鏡『汝の名を告げよ──』
あなた

あなたです

闇の鏡『汝の魂の形は───』
闇の鏡『サバナクロー!!!!!!!』
あなた

まぁ、耳生えてるしそこそこ力も強いから間違ってないかっ

ストンッ(席に着く)


※ここからはユウが来て0章と同じストーリーになるので省略
───────────────入学式終了後
あなた

えーっと、私の寮のー、えーっと、りょうちょう?は、どこだぁ、、、?

どうしたんだ?自分の寮の寮長の所へ向かわないのか?



───────続く