第8話

8話
〜翌日〜
昨日のせいで寝る時間めちゃ少なかったんですけど…(((
綾那
あなた!!
あなた

うわっ!ビックリした〜…なんだ綾那か‪w

綾那
なんだってなによ‪w
綾那
ねぇ見て!このニュース!
あなた

え、綾那ってニュース見るの?‪w…って…

『昨晩、苺市内で女子高校生が3名遺体が発見されました。その遺体達は、それぞれ距離が離れていましたが、私立苺学園付近ということが調べて分かりました。
遺体の共通点は、首筋に噛み跡があること。
なぜ噛み跡があるのか、専門家に聞いてみました。』

「これは…吸血鬼の仕業ですね。」

『吸血鬼とは、この世にほんとに存在するんでしょうか?』

「古来より吸血鬼というのは、数名居ました。本来吸血鬼とは、十字架が効くという話ですが、それは“夜になると無効化”されるんです。あとは、太陽の光に弱いことですね。
日本には吸血鬼は居ないと確認されてましたが…」

『吸血鬼とわかる方法はないんでしょうか?』

「これは言い伝えですが、吸血鬼は遺伝だそうです。そして、遺伝子にも胸元や、腕、太ももに赤い印があるそうです。」

『警察は、その他の有力な情報を探しております。』
綾那
吸血鬼…すごくない!?‪w
あなた

凄いの?‪w…綾那は吸血鬼って本当にいると思う?

綾那
んー…いないんじゃないかな‪w
いたら居たらで怖いのはそうだけど…イケメン多そう‪w
あなた

あー…

なぜだろう。脳裏に理事長や王子の姿が目に浮かぶ…(((
あなた

たしかにね‪w…え?

待てよ…え?吸血鬼の仕業だと考えて…
綾那
どうしたの?
あなた

ちょっと待って!先生に遅れるって話してて!

綾那
ちょっとあなた!?え!?
どういうこと…!?
綾那
今日自習じゃなかったっけ…‪w