前の話
一覧へ
次の話

第1話

1話
私は桜夜さくやあなた。苺学園3年の生徒会長。

今日は別棟に住む吸血鬼…ということは皆知らないが、王子達の元へ書類を渡しに行く。

実際生徒達は別棟に向かうことは禁止されている。だから私が向かうのも2回目。

書類の内容は…今年入ってきた新一年の王子に対する本校生徒と関わる時の注意点など…

先生は王子達の正体を知らないから、校長先生から貰った。ちなみにあと知ってるのは理事長だけ。

理事長は、王子達のお父様。別棟で王子達と過ごしている。
校長先生
くれぐれも、“あれ”に気をつけてくださいね
あー…緊張する…

“あれ”と言われたが、私も実際なったことはない。…多分。
〜別棟扉前〜
いつ見ても大きいな〜…

よし、開こう。
キィー…
まるでお化け屋敷に入る時のような擦れる音がする。

それにしても、真っ暗だな…
あなた

すみませーん…(小声)

あなた

生徒会長の桜夜ですが〜(小声)…

???
フフッ…久しぶりだね、生徒会長さん?
真っ暗な玄関に、明かりがつく。

コツ…コツ…コツ…

ここは学校というのだろうかというような赤いじゅうたんが敷かれてある豪華な階段から、王子達は横に並んで無駄に足を揃えて降りてくる。
莉犬
へ〜…入学式ぶりだね〜ニヤッ
1年生の新王子の1人、赤いネクタイをした莉犬王子は八重歯を見せつけるようにニヤッと笑う。
さとみ
俺らも会うのは3回目くらいかな〜
ころん
それよりも会長〜
2年生の水色のネクタイをしたころん王子は、ゆっくり歩み寄ってくる。
あなた

ズ…ズ…

後退りをするも、後ろにあるのは大きな扉だけ。
ころん
僕、会長の血飲んでみたいんだ〜
稀血の匂いがして仕方がないよ…ニヤッ