無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第3話

episode3.越えるべき壁
episode2と繋がっています。ゾロメインです。ローさん達出ません。
✄------キリトリ------✄
ゾロ⚔️
ゾロ⚔️
ミホーク!俺と組んでくれ!…下さい!
ミ「よかろう。…ただし容赦はしないぞ?」
ゾロ⚔️
ゾロ⚔️
はい!!
ルフィ👒
ルフィ👒
ゾロー!頑張れっ!
…俺も負けてらんねェな!ウソップ!組んでくれ!
ウソップ🌿
ウソップ🌿
よしきたっ!
サンジ🚬
サンジ🚬
チョッパー!ナミさんと組むなんて恐れ多いから…組んでくれ!
チョッパー🦌
チョッパー🦌
おう!俺、頑張る!
ナミ🍊
ナミ🍊
さーてと…たしぎちゃん!
た「ど、泥棒猫…!もしかして私と組みたいのですか?」
ナミ🍊
ナミ🍊
ええ!あんた相当な腕前でしょう?だからお願い!
た「…分かりました。御相手致します!」
ス「では…各ペアの好きなタイミングで試合を始めろ!」
ーーーーーーーーーーーーーーーーー
ルフィ👒
ルフィ👒
めぇぇぇんっ!
ウソップ🌿
ウソップ🌿
ぐっ…もう少しだったな!どぉぉぉうっ!
ルフィ👒
ルフィ👒
面ががら空きだ!めぇぇぇんっ!ビシッ!
ウソップ🌿
ウソップ🌿
うわぁぁぁ!!くそー!
ルフィ👒
ルフィ👒
よっしゃーっ!!!
ス「お前らうるせー!最後まで心清らかに!喜ぶのは試合終わってフィールドを去ってからにしろ!はしたないぞ!」
ウソップ🌿
ウソップ🌿
…分かったけどよ…これってフィールドっつーのかな…
ルフィ👒
ルフィ👒
ケムリン何も分かってねーじゃんか!ししし!
ス「う……!」
サンジ🚬
サンジ🚬
…チョッパー。お前やっぱり避けるのは上手いよな。
チョッパー🦌
チョッパー🦌
えへへ♪褒められたって嬉しかねーぞこのやろが♪
サンジ🚬
サンジ🚬
こてっ!ビシッ
チョッパー🦌
チョッパー🦌
ぬあああ!
サンジ🚬
サンジ🚬
そうやって油断してるとすぐやられるぞ?気をつけろ。
チョッパー🦌
チョッパー🦌
う、うん……。
ナミ🍊
ナミ🍊
めぇぇぇんっ!
た「どぉぉぉうっ!」
ナミ🍊
ナミ🍊
はぁっ……はぁっ……
た「…なかなか、強いですね……」
サンジ🚬
サンジ🚬
うおおおおお!超絶可愛い乙女の戦いいいっ!いい!凄くいいぞ!
チョッパー🦌
チョッパー🦌
どぉぉぉうっ!ビシッ
サンジ🚬
サンジ🚬
え。
チョッパー🦌
チョッパー🦌
まだ試合は終わってないぞ?油断するなよー!
サンジ🚬
サンジ🚬
う……
ナミ🍊
ナミ🍊
はぁ。サンジ君って本当に馬鹿ね……。
た「泥棒猫。実は私…貴方にまた会えて嬉しかったの。」
ナミ🍊
ナミ🍊
…え?何よ突然。もしかしてあの事まだ感謝してるの?
た「私達G5だけじゃ…あの子供達を救うことは無理だった。でも麦わらの一味が来てくれたから救えた。…泥棒猫。貴方が救いたいって言ったんでしょう?」
ナミ🍊
ナミ🍊
そうよ。だって…子供に泣いて助けてって言われたら…もう背中向けられないじゃない?
た「……!!ふふ…海賊にこんないい人達がいるなんて…。」
ナミ🍊
ナミ🍊
こてっ!!ビシッ
た「へ…?は………??」
ナミ🍊
ナミ🍊
油断したのが悪いのよ?今のは私はぜーんぜん悪くない。大佐ちゃんがそんなんでいいのかしらね?
た「ぐっ……やっぱり嫌いです~っ!!」ビシビシ
ナミ🍊
ナミ🍊
もうっ!いい歳して暴れないでよ!
~一方その頃、ミホゾロは~
ゾロ⚔️
ゾロ⚔️
めぇぇぇんっ!
ミ「…………」
ゾロ⚔️
ゾロ⚔️
ぐっ………こてっ!!
ミ「…………」
ゾロ⚔️
ゾロ⚔️
何だよ!さっきから余裕そうに……!
ミ「腕が落ちたな…大剣豪」
ゾロ⚔️
ゾロ⚔️
くっ……!
ミ「どぉぉぉうっ!」バシッ!!
ゾロ⚔️
ゾロ⚔️
ぐっ………!!ドサッ
ミ「本当に弱いな……。何があった?」
ゾロ⚔️
ゾロ⚔️
何が…って……。どうしてあの時の力が出せないんだ…?
ミ「…どうやら1から鍛え直せと言っているようだな。確かにお前は剣道部の中でもトップクラスだが…それでも弱い。」
ミ「もし前世のお前と剣道していたら…普通に負けていたかもな笑」
ゾロ⚔️
ゾロ⚔️
…そうか。
ミ「…ロロノアよ。」
ゾロ⚔️
ゾロ⚔️
なんだ?
ミ「もう一度…この俺を超えてみよ!超えた暁には…世界一の剣道家として認めてやろう!」
ゾロ⚔️
ゾロ⚔️
……!!
ミ「お前がまだ俺を超えることを諦めてないなら…何回も俺に挑め!今なら…この世界ならそれが出来る!」
ミ「高みを目指せ!ロロノア!!!」
ゾロ⚔️
ゾロ⚔️
っ……!!はい!俺もう二度と弱音を吐きません!挫けそうになっても……何度も立ち上がります!
ミ「よく言った!ロロノア!」
ルフィ👒
ルフィ👒
ゾロ!俺も応援するぞ!一緒に特訓しよう!
ウソップ🌿
ウソップ🌿
俺も!いいよけ方なら俺が教えてやる!
チョッパー🦌
チョッパー🦌
怪我したら俺に言えよな?何回でも治療してやる!
サンジ🚬
サンジ🚬
怪我よりマメとかの数のが多いんじゃねェか?
まァいい。マリモ!疲れたら俺が仕方なく飯を作ってやるよ!感謝しろ!
ゾロ⚔️
ゾロ⚔️
ちっ……。グルまゆうっせェありがとな。
皆も…よろしく頼む。
麦-ゾナ「おう!!」
ナミ🍊
ナミ🍊
ふふっ…全く…あいつら何にも変わってないわ…。
た「でも…悪くないですよね。何も変わらないって…」
ナミ🍊
ナミ🍊
たしぎちゃん……。
ス「いい所だが、そろそろ終わるぞ!気をつけ、礼!」
「ありがとうございました!」
ス「解散!」
「しつれ……」
ルフィ👒
ルフィ👒
失礼しまぁぁぁぁぁぁぁっす!!!!!
ナミ🍊
ナミ🍊
あんたうっさいわよっ!笑
ウソップ🌿
ウソップ🌿
本当にルフィは変わんねェなァ……。
ゾロ⚔️
ゾロ⚔️
ま、そういう所が俺らの船長だろ。船長が何もかも変わってたら困るからな。
チョッパー🦌
チョッパー🦌
ゾロいい事言う~♪
(^∇^)アハハハハ!
✂︎- - - - - - - -キリトリ- - - - - - - - - - -
*~☆ヽ(・o・ヽ) キャッチ!!
さて、episode3書いてみたよ。これから多分新しい話になるだろうから、ひびき殿頼んだぜ。
( っ'-')╮ =͟͟͞͞ 🍵ブォン