無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第54話

*
ソロデビューかぁ……


ソロってことはオッパ達いないんでしょ?


え、いないとか無理いいいいい!!!!


とりあえず電話しよ。


さっきいじわるされたから仕返したろ()


📞 プルルルルル
ユンギ
ユンギ
もしもし?
You
You
もしもし。ユンギオッパ…?
ユンギ
ユンギ
そうだけど?
どうした。
You
You
あのね、私…
本当にやばいかもしれない…
ユンギ
ユンギ
……は?
You
You
どうしよう…
ユンギ
ユンギ
何があったんだよ
You
You
私どうしたらいいんだろう。
ユンギ
ユンギ
まずは事情を説明しろ。
じゃないと何も言えないだろ。
You
You
……とりあえず切るね?
ユンギ
ユンギ
え?ちょ、おい待て切るn
📞 ブチッ
宿舎帰ったら怒られるかな…ㅋㅋ


まぁ、間違った事は言ってないよね。


本当にやばいし。


どうすればいいのか分かんないし。


うん。


間違っては無いからきっと大丈夫だ!!

You
You
よし!宿舎帰ろ〜

___________________________________________

Side Seokjin

📞 〜🎶
テヒョン
テヒョン
あ!電話!!
ジン
ジン
あなたからだ…!
ユンギ
ユンギ
俺が出ます。


📞 ガチャ
ユンギ
ユンギ
もしもし?
.


.


ジン
ジン
ねぇ、何の話だと思う?
ホソク
ホソク
最近どう?とかそういうのですかね
ジミン
ジミン
でもそんな事でわざわざ呼び出します?
ジョングク
ジョングク
普通ならそういう話は偶然会った時にしますよね。
ナムジュン
ナムジュン
じゃあなんだろう…
ユンギ
ユンギ
📞まずはちゃんと事情を説明しろ。
 じゃないと何も言えないだろ。
ホソク
ホソク
……事情?
ジミン
ジミン
え?何?本当に悪い話なの?
遠くから聞こえるユンギの声。


その声は珍しく焦った様子で。


正直僕も不安になる。

ユンギ
ユンギ
📞え?ちょ、おい待て切るな!!
突然ユンギの声が大きくなったかと思えば


ユンギ
ユンギ
あなたに電話切られた…
とボソッと呟いて



何も詳しく教えてくれなかった。


ともかく大変だって事は伝わってきたけど


その他は何も分からない。




そう言って全力で落ち込んでいた。



オッパ心配…。



ユンギヤはあなたには甘いから



ヒョンとしても心配…。



とりあえずあなたが帰ってくるのを待つしかないね。


Side Seokjin END
__________________________________________