無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第78話

*
Q あなたさんにとってメンバーはどのような存在ですか?
You
You
そうですね…、家族でもあるし、ライバルでもあるし、信頼している仲間でもあるし…。
言葉では表しきれないです。
ともかく大切な存在です。
落ち込んだり、困っている時にすぐに気づいて慰めてくれます。
.






.




ジミン
ジミン
あなた?こんな所にいたの?
皆んな心配してるよ?
You
You
うん、ごめんなさい…
ジミン
ジミン
どうして泣いてるの〜
オッパも泣いちゃうよ?
You
You
だって…全然うまく出来なかったの
ジミン
ジミン
全然出来てないなんて、そんな事無いよ…
.




.




ジミン
ジミン
びっくりしました。
あなたがいないなと思って探してたら奥の方の暗い所に1人で座ってて。
話しかけたら泣いてるし…
You
You
ともかく罪悪感しか無くて。
うまく出来なかった、失敗した、って。
でもオッパの言葉で救われました。
.





.



ジミン
ジミン
あなた連れてきましたー
ジン
ジン
やー!あなた!
どこ行ってたのよ〜
ホソク
ホソク
あなた、お疲れ様!
ナムジュン
ナムジュン
凄かったよ。
練習も本番もよく頑張ったな。
ジョングク
ジョングク
今日打ち上げしましょうよ。
ジンヒョンの奢りで!
ジン
ジン
えっ……。
まぁ、良いけどさ…
テヒョン
テヒョン
やったぁ!!!
You
You
あ、いいんだ笑
.





.





ジン
ジン
ジミナと戻ってきた時、あなたの目が赤くて…。
あぁ、泣いちゃったんだなって思ったんだけど…
ホソク
ホソク
でも最後笑ってくれたから…
ジョングク
ジョングク
あなた泣いてたみたいだけど、ジミニヒョンと一緒に戻って来たからきっとヒョンが慰めてくれてるだろうなって。
You
You
オッパ達が私の事をいつも気にして、気付いてくれるから私もオッパ達が落ち込んでる時は側にいてあげたいんですよね。