無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第36話

1人練習
次の日も私はご飯をあまり食べなかった。


オッパ達にバレると止められるから


バレないように少ない量をゆっくり食べる。


その日から痩せるためのトレーニングも本格的に始めた。


オッパ達が起きない朝早くに起きてランニングに行き


練習室に行けば朝からご飯を食べるのも忘れて練習した。



5:00AM
ジン
ジン
ん?誰かいるのー?
いつもはまだ起きない時間にジンオッパが起きてきた。
You
You
えと、私です。あなたです。
ジン
ジン
…...その格好、どこか行くの?
You
You
はい。走りに行こうかなって。
前までいつもやってたから。
本当はそんな事してなかったけど


なんとなく嘘を言ってしまった。
ジン
ジン
そっか...。
気をつけて行ってきてね?
無理しちゃダメだよ?
You
You
大丈夫ですよ!行ってきます!

ダイエットをすると決めてから1週間。


最近は練習室にいることが多くて


お昼ご飯をほぼ食べてない。


朝ご飯も、夜ご飯も減らすと決めて


そうしてたらどんどん小食になった。



普通なら少し危機感を感じるかもしれない。



でもどんどん体重が減っていくのが快感になってた。