無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第77話

*
ジミン
ジミン
たまに、このグループの最年長はあなただったかな?と思う時があります。
.




.



ジン
ジン
僕は出来る限りはやくしてるんだって!
だからお前にもっと歩幅を狭くしてほしいって頼んでるのに…
テヒョン
テヒョン
僕も1度歩幅を狭くしてみるのでヒョンは早く走り始めてください。
ジン
ジン
やってるんだって!
僕が出来る限りの力でやってるんだよ!
テヒョン
テヒョン
前は出来てたのにヒョンは突然出来なくなってるんです!
ジン
ジン
ポーズを急に変えるなんて出来ないよ…
ホソク
ホソク
今日やってみよう。
ジミン
ジミン
僕はどっちも正しいとは思えないよ…
You
You
オッパ、オッパの目的はなんですか?
armyを楽しませる事でしょ?
なに喧嘩してるんですか。
もう後10分しかないんですよ?
BTS
BTS
………。
You
You
実際にやってみないとわからない事を今話してても時間が無駄になるだけです。
ジンオッパもテヒョンオッパも言われた事を踏まえて出来る限りのことをしてください。
それでも出来なければ調整して、次に生かすしかないんです。
ナムジュン
ナムジュン
とりあえず今すぐには解決出来ないだろ?
ジン
ジン
いや、僕が悪かったよ。
真剣に向き合おうとせず大人気なかった。
認めるよ。
You
You
準備、終わってないの2人だけですよ。
ほら!早く終わらせてきてください!
皆んな待ってますよ?
ジン
ジン
ごめん…
テヒョン
テヒョン
ごめん…
.





.





ホソク
ホソク
あなたのお陰で解決する喧嘩とかは良くありますね。みんなよく怒られてます。笑
ジョングク
ジョングク
でも無理矢理解決させるとかじゃなくて、皆んなが笑って終われるように持っていってくれるので、助かりますね…笑