無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第35話

Twitter
army  「新メンバーヨジャってま?」

   「何で新メンバー?いらないんだけど」

   「新メンバーのあなたちゃん普通に
    可愛くない?」

   「ナムジャの中にヨジャ1人とか
    浮きすぎだし」

   「あなたちゃん好きになれる自信
    ないわ」
   
   「あなたペンなるかも!」

   「新メンバーダンス下手じゃん」

   「別に可愛くは無くない?」

   「降りようかなー。でも皆んな
    好きだし複雑」

   「デブじゃん?w」
You
You
.......まぁ、そう簡単にはいかないよね。
えっ、ちょ、私のせいで担降りしないで…
もっと練習しなきゃな。
オッパ達の中で浮かないためには大きく動かないと。
後は...痩せよう。
ジンオッパには止められると思うけど。


私の事を非難する声も多いけど


ペンになるっていってくれる人もいたりして



頑張ろうって思えた。




ジン
ジン
皆んなぁ!!ご飯だよ!!!
BTS
BTS
はーーーい!
元気なジンオッパの声が聞こえる。
BTS
BTS
いただきます!
ジンオッパのご飯はいつも美味しそう。


というか美味しい。


でもダイエットするって決めたから食べる量を減らす


You
You
ごちそうさまでした〜
ジン
ジン
あなた、もうごちそうさまなの?
ジョングク
ジョングク
全然食べてないじゃん!
You
You
お腹いっぱいになっちゃいました!笑
ナムジュン
ナムジュン
もうちょっと食べた方がいいよ…?
ジン
ジン
もしかして美味しくなかった?
ごめんね、
You
You
いやいや!!
すごい美味しかったですよ!
オッパのご飯不味い時なんてないです!
ジン
ジン
そう?ならいいんだけど…


心の中でジンオッパに謝りながら自分の部屋に戻った。