無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第73話

LIVE
ついにライブ当日。



私の戦いが始まる。










というのも、男性のオッパ達でさえ



色々ときついライブ。



筋トレや練習はオッパ達と同じ物をやっているものの




男と女じゃやっぱり体力が違うわけで。



何曲も歌って踊っていれば



終わる頃には体はボロボロになってしまう。





でも、絶対にステージ上ではそんな姿は見せない。




You
You
ッハァハァ…
メイクさん
大丈夫ですか?これ!
You
You
あ、りがとう、ございます…
メイクと息を整えながら次の出番を待つ。



体が小さい分、うかないように大きく動く私は



オッパ達より体力の消耗も激しい。





そういえばジミンオッパ足大丈夫かな



痛そうだったな



なんて様子見に行こうとか思って立ち上がったら



びっくりするほど自分も足痛くて



そういえばさっき自分も足挫いたんだったっけ?



とか呑気に考えてた。
You
You
手当て…してもらった方が良いかな…。


でも、皆んな手いっぱい。

スタッフ
スタッフ
そろそろ移動お願いします!
You
You
はい!
まぁ、足はしょうがない。


我慢するんだ!あなた!


君なら出来る!!



松○修○みたいな応援を自分にして



またステージへ向かった。