無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第23話

*
ジン
ジン
あなた帰ろう?
You
You
私もう少し残って練習します。
だから先に帰っててください。
ジン
ジン
そっか。
あんまり遅くならないようにね?
You
You
はい!
夜ご飯までには帰れるようにします。
ジン
ジン
うん。がんばって!
You
You
ありがとうございます!


練習しなきゃ。



オッパ達の足を引っ張らないように。




次のレッスンまでに絶対完璧にしよう。



そう心に誓った。




__________________________________________


Side BTS


練習室の外
ナムジュン
ナムジュン
ジンヒョン、あなた何て言ってました?
ジン
ジン
もう少し練習してから帰るって。
夜ご飯までには帰れるようにするって言ってた。
ナムジュン
ナムジュン
そうですか…
ジミン
ジミン
僕、ちょっと言い過ぎちゃったかな…。
テヒョン
テヒョン
そんな事無いと思います。
言い始めたのは僕ですし…
ジョングク
ジョングク
皆んな間違ったことは言ってないと思います。
実際ズレたり遅れたりしてますし。
ユンギ
ユンギ
確かに間違ったことは言ってない。
問題は全員で責めてしまったら、あなたがどう感じるかだ。
BTS
BTS
............。
ホソク
ホソク
僕、あなたと一緒に少し残ります。
ダンス教えてあげたいので。
ジン
ジン
帰りもちょっと心配だし、そうしてくれるとありがたいよ。
ホソク
ホソク
はい。夕飯までには帰りますね。
マネージャー
マネージャー
皆さん帰りましょう。
ナムジュン
ナムジュン
ホソガとあなた以外は帰ります。
マネージャー
マネージャー
そうですか。分かりました。
6人での帰り道はなぜか凄く静かだった。



理由はBTSの希望担当がいないからなのか



それとも……



Side BTS END