無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第22話

*
Teacher
Teacher
はぁ…
BTS
BTS
...........。
You
You
私のせいですよね。分かってます。
本当にごめんなさい。
テヒョン
テヒョン
あなた、今日何回目?
ジョングク
ジョングク
今日だけじゃない。
レッスンするたび毎回だよ?
You
You
ごめんなさい、
ホソク
ホソク
このままじゃいつまで経っても良いパフォーマンスが出来ないよ…。
ジミン
ジミン
あなただけのせいじゃない。
でもあなたはもっと周りを見て?
合わせようとしないとダメ。
ジン
ジン
僕も出来ない時もあるし失敗する事もあるけど、でも言われたら1回で直さないと。
You
You
っごめん...なさ...い



オッパ達に色々言われて自分のせいなのに泣きそうになった。



それにナムオッパとユンギオッパは何も言ってこなかった。



どうせなら何でもいいから言って欲しかった。



もうかける言葉すら無いって事なのかな。


Teacher
Teacher
もう今日は終わり。
明日もBTSは仕事があるみたいだけどレッスンは無いから、ゆっくり休んで。
BTS
BTS
ありがとうございました


今の時間は午後1時。


本当は夜までレッスンの予定だったけど


早めに終わりになった。