無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第24話

希望のダンスレッスン
オッパ達が練習室を出てからすぐに今日のレッスンの動画を見た。



確かに1人だけ揃ってない。



腕の角度や移動速度、顔の向き



その他にも色々ある。



今日先生に言われた事をダンスノートに書き写す。



あっ、そうそう。



私ダンスノート作ってるんです。



注意されたこととか褒められたこととか



その時何を感じたかとか書いてるノート。




一通り描き終えて踊ってみようと再生ボタンを押そうとした時



ドアが開いた。



ガチャ


You
You
あれ…ホビオッパ。
忘れ物ですか?
ホソク
ホソク
いや、そうじゃなくて、
あなたと一緒に練習してから帰ろうかなぁと思って。
そうすれば教えてあげられるし!
You
You
オッパ…ありがとうございます。
ホソク
ホソク
わからない所あったら言ってね!
You
You
はい!
You
You
……あの、早速いいですか?笑
ホソク
ホソク
え?あ、うん‼︎笑
いいよ!
You
You
ここなんですけど、、
ホソク
ホソク
ここはね、ここをもっとこうして…
You
You
おーなるほど!
You
You
じゃあこの振りは…?
ホソク
ホソク
この辺まできたらこう…パパパパパってやるんだけど…。
あの…分かる?分かりにくいよね、
You
You
いやいや全然分かりやすいです!
ホソク
ホソク
なら良いんだけど…
You
You
私ここもう一回やるのでダメな所指摘してもらえますか?
ホソク
ホソク
よし、ほびほびが見てあげよう!()
.


.



.


You
You
ハァ、ハァ…どう、ですか?
ホソク
ホソク
はい、まずお水飲んで?
You
You
??
ありがとうございます。
ホソク
ホソク
倒れちゃったら困るからね笑
ホソク
ホソク
で、ダメな所は…。
うーん、まずは角度かな。
この貼り付けのところはもう少し手を上にしたほうがいい。
逆にここは下にして……
ホビオッパが言っている事を全部ノートにとる。



それから部分練習をしたり



また全部通しでやったり



オッパと横に並んで踊ってみたり


色々な練習方法をした。