無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第33話

*
司会「続いてはBTSの皆さんです!」

BTS
BTS
둘 셋!방!탄!안녕하세요!방탄소년단 입니다!
司会「先程記者会見が終わったばかりですが、リーダーのRMさん、代表してコメントをお願いします。」
ナムジュン
ナムジュン
これからはこの8人で頑張っていきたいと思っています。
応援よろしくお願いします!
司会「はい。ありがとうございました!
それではBTSで「DNA」「spring day」です!」 



ステージに移動すると曲が流れ始める。



もし失敗したらどうしよう。



実力を発揮できなかったらどうしよう。



ステージに上がるまではそんな考えが浮かんでたけど



ポジティブに笑顔で楽しもうって考えたら



少し緊張が和らいだ。
ジョングク
ジョングク
눈꽃이 떨어져요ヌンコチトロジョヨ
또 조금씩 멀어져요ットチョクムッシクモロジョヨ
ジョングク
ジョングク
 보고 싶다ポゴシプタ
ジン
ジン
 보고 싶다ポゴシプタ
ジョングク
ジョングク
 보고 싶다ポゴシプタ
You
You
 보고 싶다ポゴシプタ
.



.




もうすぐ曲が終わる。



見ている人に伝わるように



armyに、オッパ達に、



認めてもらえるように。




そんな気持ちを込めてパフォーマンスをした。




私の気持ちは皆んなに届いているんだろうか。