無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第9話

in 車
マネージャーさんに連れられて駐車場まで8人で歩いていく。


その間誰も話さなかった。


駐車場まではあまり遠くないのにとても長く感じる。


車に乗り込んでからも数分間の間誰も話さない。


気まずい空気が流れる中、沈黙を破ったのはホソクさんだった。
ホソク
ホソク
あの…とりあえず自己紹介…しませんか?
なんて軽く微笑みながら言ってくるから

この人はきっといい人なんだろうな

なんて思った。
ジン
ジン
あぁ、そうだね。そうしようか。
僕はキムソクジン。BTSの長男だよ。
ユンギ
ユンギ
ミンユンギ。芸名はシュガだ。
ナムジュン
ナムジュン
キムナムジュン。芸名はRM。
リーダーやってるよ。
ホソク
ホソク
チョンホソク!
ダンス長で希望担当だよ!
ジミン
ジミン
パクジミン。よろしくね。
テヒョン
テヒョン
キムテヒョン!
ライオンさん好きなんだー!
ジョングク
ジョングク
チョンジョングク。バナナキックが好き。
You
You
私はキムあなたです。
18歳です。
よろしくお願いします!
ジン
ジン
え!18歳なの!?
じゃあマンネだね!
ホソク
ホソク
ジョングガ マンネ卒業だ笑
ジョングク
ジョングク
えっ…
自己紹介の後はダンスいつからやってるの?とかたわいのない話をしてくれた。


でもきっと私を加入させたくない気持ちは変わってないんだろうな。


話してくれるし笑ったりもしてくれるけど


何となく壁があるような、


皆んなが気を使ってるような感じだった。