無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第65話

*
Side Hyeong Line
You
You
行かないの!
もう何でもいいの!
ホソク
ホソク
お?なんだ??
玄関から聞こえてきたあなたの声。
ジン
ジン
マンネ達がお出迎えに行ったはずだけど…
ナムジュン
ナムジュン
まさか喧嘩?
ホソク
ホソク
あの4人に限ってそれは無いんじゃ…
とりあえずヒョンライン全員で玄関に向かってみると


玄関の端の方で泣きながらうずくまるあなたと


めちゃめちゃ困った顔のマンネラインの姿が。
ジン
ジン
ジミナ、どういう状況か説明してくれない?
ジミン
ジミン
えっと、僕たちがお出迎えに来たらあなたがあそこでうずくまってて、それでリビングいこう?って。冷えちゃうからってみんなで言ったんです。
ホソク
ホソク
そしたら
もうなんでもいいの!
ってあなたに言われて今に至ると?
ジミン
ジミン
そういうことです…。
ナムジュン
ナムジュン
そうか…。
ホソク
ホソク
うーん、こういう時の担当は……
BTS
BTS
ー??
ジーーーー👀
ユンギ
ユンギ
っえ、あぁ、俺?
BTS
BTS
ーユンギ
うん。/はい。
ユンギ
ユンギ
えぇ…。えっと……。
………あなた?
You
You
……。
ユンギ
ユンギ
来ぃ………じゃなくて……
おいで…?
You
You
ん……。
ギュ
BTS
BTS
ーユンギ
∑( ゚д゚)
ユンギ
ユンギ
何かあったんだろ…?
オッパ達に話せるか?
ユンギに抱きしめられて


少し落ち着いたらしいあなたは


少しずつ話し始めた。
You
You
私ね、最近なにも上手く行かなくて。
演技の仕事もNGばっかりだし、ダンスだって上手く出来ないし、もう全部が中途半端で。
BTS
BTS
.............。
You
You
監督にも、◯◯さんにも、オッパ達にも迷惑かけて、気遣わせて、最悪なんだよ。
ダメ人間なの。私のすべてがダメなの。
ジミン
ジミン
そんなことないよ…
You
You
自分が嫌なの。
こんな自分が大嫌い!
やっぱり私には無理だったんだよ。
アイドルとかソロデビューとか。
そもそも芸能界自体がさ。
ジン
ジン
大嫌いなんて言わないで…?
ナムジュン
ナムジュン
あなたは素晴らしい才能に溢れた人だよ。
You
You
そんな事ない…。私は何も出来ないの。
オッパ……私、もう辛いよ。
辛いし…怖いの…。
ジョングク
ジョングク
あなた…。
You
You
もう……辞めたい…。
ソロもBTSも全部辞めて、何事もなかったかのように消えてなくなりたい。
そうすれば皆んな全部元通りになるしさ…。
armyだって喜ぶんじゃないかな…。
テヒョン
テヒョン
そんな悲しい事…言わないでよ…。
You
You
私、本当はね、ずっと疲れてたの。
それでも誰にも心配かけたくなくて、わざと笑顔作ってたの。
You
You
サイン会の時もarmyに悪口言われたり、Twitterにも色々書かれてて、でも全部私が悪いんだからって、泣きそうになってもずっと笑顔でいようって。
ジン
ジン
あなた…僕全然気付いてあげられなかった。
You
You
オッパのせいじゃない。
それに、私がずっと笑ってるのは…
Side Hyeong Line END

___________________________________________