無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第28話

レッスンPart2
ホビオッパの特別レッスンを受けてから


はじめての全員レッスンの日。
Teacher
Teacher
じゃあまずは通しでやってみましょうか。
BTS
BTS
はい。
曲を流して2曲とも踊る。



今日は最後まで曲が止められることは無かった。
Teacher 2
Teacher 2
……。
BTS
BTS
……。
Teacher
Teacher
……あなた。
You
You
は、はい…。
Teacher
Teacher
あなたどうしたの急に!!
You
You
へ?
Teacher 2
Teacher 2
急に上手くなりすぎじゃないですか??
You
You
ありがとう…ございます?
ジミン
ジミン
僕びっくりしちゃった
テヒョン
テヒョン
すごいよ!あなた!
ジョングク
ジョングク
練習頑張ったんだね!
You
You
オッパありがとう!
マンネラインに褒められるヨジャマンネを見て



微笑むヒョンライン。



ホソクオッパと目があった時、一瞬ニコッてした後



ウィンクされてちょっとドキってしたのは



私だけの秘密…。


.



.




Teacher
Teacher
うーん、じゃあ今日からは細かいところを重点的にやっていきましょうか!
Teacher 2
Teacher 2
もう少ししか時間がありません!
頑張りましょう!
BTS
BTS
はい!!
デビューまであと少し。



本番では100%以上の力を出せるように



残りの時間私たちは必死に練習した。

_______________________________________


Side Hoseok


1日ぶりの全員レッスン。


実はちょっとだけ不安だった。


2人で練習した時、あなたのダンスは凄く上手くなった。


でも、昨日は仕事で見てあげられなかったから


大丈夫かな?


自分の実力を発揮出来るかな?って思って。



でもそんな心配いらなかったみたい。



曲が流れて踊り始めたところですぐわかった。



あなたも、全体の雰囲気も全然違くて



踊りながらあなたの様子を見たら



僕が教えたことを全部守れてて



しっかり周りを見て踊れてた。



他の皆んなも先生もビックリしてるのが伝わってくる。
ジミン
ジミン
僕びっくりしちゃった
テヒョン
テヒョン
すごいよ!あなた!
ジョングク
ジョングク
練習頑張ったんだね!
なんてマンネラインに言われて嬉しそうなあなた。


僕のレッスンとあなたの自主練のおかげだ♪



なんて良い気になってたらあなたと目があって



微笑んでウィンクなんてしてみたり…?



Side Hoseok END