無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第25話

*
数時間後



オッパのおかげで少しはマシになったような気がする。 
ホソク
ホソク
あなた!一回通して踊ってみてよ!
きっとできると思うんだ
You
You
はい!やってみます!
.



.



.


踊り終わる
You
You
どうですか?ちょっとはマシになりましたかね…
ホソク
ホソク
.........。
なかなか話始めないホビオッパ。


少し不安になった。
You
You
ホビオッパ…?
あの、やっぱり全然ダメでs
ホソク
ホソク
すごいよ。
You
You
え?
私の言葉を遮るように言うオッパ。


予想外の言葉に驚いてしまった。
ホソク
ホソク
すごいねあなた。
最初と全然違う!もうほぼ完璧だよ!
You
You
いやいや!それは流石に…
ホソク
ホソク
僕ね、あなたが踊ってるの動画撮ってたんだ。見てみよう?
きっと本当だって分かるよ。
オッパの携帯の中で踊り始める私。



最初に踊った時の動画は見てるのが辛かった。



でも今踊った方の動画は…




腕の角度や向き、細かいところに注意して踊っただけなのに



全然違った。ただ踊っているだけじゃない。



『BTS』



になりきれていた。