無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第13話

*
PM11:20

やる事もないしそろそろ寝ようかな。


でも私、今ちょっと悩んでます。


なぜっていつも寝る前に水を飲むって決めてるから飲みたいなって。


じゃあ飲めばいいんだけど



キッチンの場所が分からない!!!


で、誰に聞こうか悩んでます。


そもそも11時過ぎに部屋行くとか迷惑じゃないかな、。


で11時ぐらいから迷いに迷って20分たちました。()



とりあえず自分の部屋から出てみよう。


もう皆んな寝ちゃったかな


ガチャ🚪

ドアを開けると目の前の部屋のドアの隙間から明かりが見えた。
You
You
☁️確かここはユンギさんの部屋だったはず。
ユンギさん…か…。
そういえば全然話した事ない。
You
You
よしっ…
コンコンコン

私は意を決してドアをノックしてみた。
You
You
あの…あなたなんですけど…。
ガチャ🚪

何秒かたったあとユンギさんがドアを開けてくれた。
ユンギ
ユンギ
ん。なに?
You
You
お水、もらいたくて。
キッチンの場所教えてもらえませんか?
ユンギ
ユンギ
あぁ。分かった。
.


.


ユンギ
ユンギ
ここがキッチン。
グラスはそこにあるから。
You
You
はい!
.



.

部屋の前
You
You
ユンギさんありがとうございました!
ユンギ
ユンギ
……オッパ
You
You
え?
ユンギ
ユンギ
ユンギオッパでいい。
You
You
あ、はい!
ユンギ…オッパ//
You
You
じゃあ私は呼び捨てで呼んで下さい!
ユンギ
ユンギ
分かった。
ユンギ
ユンギ
おやすみ。あなた。
You
You
っおやすみなさい!
ガチャ🚪


急に呼び捨てで呼ばれたからびっくりした…


ま、自分で言ったんだけどね笑