無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第31話

*
Lap Line’s Room


ナムジュン
ナムジュン
あなた、緊張してるか?
You
You
そりゃ、してますよ…笑
ホソク
ホソク
自信持っていいよ。
もしかしたら怖いかもしれないし、プレッシャーも凄くあると思う。
でも僕達はいつでもあなたの味方でいるからね?
You
You
はい。…ありがとうございます。
ユンギ
ユンギ
あなた。
お前はもうBTSのメンバーだ。
入った時期は関係ない。
もし何かあったら俺たちが守ってやるから。
だから安心しろ。
ナムジュン
ナムジュン
明日は8人で力を合わせて頑張ろう。
きっと大丈夫。


すこし心が楽になった気がした。


味方でいる。


守ってやる。



その言葉が胸に響いた。



たとえ本心で無かったとしても。



オッパ達のためにも頑張ろうと思った。



ラップラインと話してたらいつのまにか他のオッパ達も集まってて



頑張ろー!ってわいわい騒いで。
ジン
ジン
ヤーやっぱり僕はイケメンだなぁ!キュキュキュキュキュッ
ジョングク
ジョングク
ジンヒョンこんな時まで窓拭きしなくていいのに…
ジミン
ジミン
どんどん窓が綺麗になってくよ…
.

ナムジュン
ナムジュン
あ、そういえばこれ
ユンギ
ユンギ
あ、待て触るなナムジュ…
グシャ
ユンギ
ユンギ
Σ(゚д゚lll)
ナムジュン
ナムジュン
あっ、これ、あの、元からこういうやつだったのかな。うん。そうだよね。うん。
ユンギ
ユンギ
あぁ…キムナムジュン……。あぁ…
.


テヒョン
テヒョン
今日はこのライオンさんと一緒に寝ようっ!!
.

ホソク
ホソク
皆んな元気だなあ
You
You
なんでこんなに体力残ってるんだろう


最終的にユンギオッパに全員追い出されて


きっちり就寝時間に寝た。()