無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第43話

Side Jin


僕は、自分が許せないと思った。


だって大事なメンバーが帰ってきてないのに


その事を忘れちゃってたんだ。


長男なのに。しっかりしなきゃなのに。


ユンギに言われるまで思い出さなかった。




『あなたは大事なメンバー』



本当にそう思ってるんだろうか。


まだ心のどこかであなたが新メンバーという事を


認めていない自分がいる気がする。


多分それは他のメンバーも同じ。


だからみんなでちゃんと話すんだ。
ジン
ジン
ねぇ、みんな。
ジミン
ジミン
どうしたんですか?ヒョン。
ジン
ジン
僕たち、ちゃんとあなたの事メンバーとして見てたかな。気にかけてあげられてたかな...。
ジョングク
ジョングク
それは....
ジン
ジン
あなただって急に加入ってなって大変だったはずなのに、自分の事しか考えられてなかった気がするんだ。
自分たちの見栄えばっかり気にしてさ。
ジミン
ジミン
確かにそうかもしれません...。
テヒョン
テヒョン
あなたは何も悪くないのに。
ホソク
ホソク
あなたがこうなるまで追い詰めてしまったのは僕達のせいでもあるかもしれないですね…
ナムジュン
ナムジュン
あなたが起きたら、みんなで謝ろう。
ジン
ジン
これからはあなたの事ちゃんとメンバーとして見て、1番に気にかけてあげよう?
BTS唯一の、可愛い大事なヨジャマンネをさ。
BTS
BTS
はい.....
大丈夫だよとか


味方だよとか言っときながら


こんなのって最低だよね。


あなた.....。



ごめんね。

Side Jin END