無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

156
2021/05/18

第2話

Jr時代①
Jr時代がスタートした…
学校は行きつつもレッスンに励み楽しく一人でやっていた。

あの人に出会うまでは……
紅一点ちゃん
紅一点ちゃん
えっと、1.2.3…ワン…ツー…スリー……


ドンッ……痛っ……
神ちゃん
神ちゃん
…あ、
紅一点ちゃん
紅一点ちゃん
(え?ぶつかっといて…あ、って何?)
神ちゃん
神ちゃん
なんで女子いんの?
ここ男子のみなんだけど…
誰かの付き添い?
⚠︎非常に神ちゃんがウザくなります…
(神山担の方2話と3話はご了承ください(_ _)
紅一点ちゃん
紅一点ちゃん
(ウザッ…何この人)
神ちゃん
神ちゃん
ねぇ、人の話聞いてる?

まぁ、いいやお前にデビューは無理やろ笑
紅一点ちゃん
紅一点ちゃん
(勇気をだして)
な、な、なんでそんなこと言うんですか?
神ちゃん
神ちゃん
おれ、17歳やけど…やる?
紅一点ちゃん
紅一点ちゃん
高2…(小声)
神ちゃん
神ちゃん
ダンスで勝負する?
シゲ
シゲ
ちょ、それは流石にこの子倒れちゃうよ…
神ちゃん
神ちゃん
あ?
シゲ
シゲ
あ?って………ごめん
流星
流星
……無理すんなよ?
紅一点ちゃん
紅一点ちゃん
(いやいや、この人の事停めてくださいよ。
ってか7WESTのメンバーじゃん。
え?嘘やんけ…
7WESTって関西Jrのトップクラスの人達…)
神ちゃん
神ちゃん
早くしろよ…
紅一点ちゃん
紅一点ちゃん
あ、ごめんなさい
(ウザイ…非常にウザイ…
こんな奴に負ける訳には…)
(Jr)流石に無理だろ…
神山のダンスには勝てねぇ〜って
(Jr)それな?誰一人と勝ったことないのに…無理
(Jr)今ならまだ間に合うから…謝りな?
神ちゃん
神ちゃん
ニヤッ(¯v¯)
紅一点ちゃん
紅一点ちゃん
(うざーーーーい!絶対に勝つ…)
流星
流星
(あの子…どっかで見たことあんねんな…)