無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

116
2021/06/08

第13話

寒っ!②
望side
いやぁ〜(〃♥^♥〃キャャャア)
あなたが可愛くてね(笑)
紅一点ちゃん
紅一点ちゃん
はい、了解です
今も、監督の指示をちゃんと聞いてる…
監督
監督
小瀧くんもわかった?
のんちゃん
のんちゃん
え?
紅一点ちゃん
紅一点ちゃん
おいっ!聞いとけ!
のんちゃん
のんちゃん
すいません*_ _)
あなたに見とれてたら怒られましたァ(笑)
そんなことより映画ですよね(笑)

学校のシーンとか動物園のシーンはどの季節でもいけるので、とりあえず最初と最後、中間も?
雪が降ってる、必要なとこ撮っていまーす。
把握しろって←byあなた
監督
監督
えーじゃぁ、北海道はこのシーン終わったら最後になります!
紅一点ちゃん
紅一点ちゃん
もう、クライマックスを取るってね…
のんちゃん
のんちゃん
うー緊張
紅一点ちゃん
紅一点ちゃん
………(念入りに台本を読む)
監督
監督
はい、最後糸真が弦を探して走るシーンから


よーい


アクション
糸真「弦っ!」

ダッシュ🏃💨

あの広場(分かりますよね…語彙力よ…)

糸真「弦っ!弦〜!」

糸真「バカ弦〜!弦っ!」

弦「お前今俺の事バカって言ったべ」
糸真「弦っ!」
弦「どいつもこいつも俺の事バカって言って…」


弦「ってかお前、東京行くってどうゆう事だ!
なんで言わなかった。」
糸真「言おうとしたもん!でも…」
弦「それも明日って」
糸真「ごめん!」



弦「俺、今回全滅だったわ」
糸真「え?」
弦「……だからさ俺、来年東京受けることにするわ」
糸真「……」
弦「そしたら毎日遊べんだろ?」
糸真「………」
弦「俺、お前がいないとつまんないみたいだ」


糸真「……わ、私も…私も弦が居ないとつまんない!
つまんないよっ!」


糸真に近づいてゆく弦


弦「……」
糸真「……」

゚ .*♡*. ゚(///‐)(‐///)゚ .*♡*. ゚


糸真「ねぇ……今、私……最高に主役ぽいよね?」

弦「(ニコッ)もう……とっくに主役だろ?」


゚ .*♡*. ゚(///‐)(‐///)゚ .*♡*. ゚
 


ending
監督
監督
カット!


いいねぇ〜(*ˊᵕˋ*)੭ ੈ❤︎
のんちゃん
のんちゃん
ひやぁーーーーーーーーーー
紅一点ちゃん
紅一点ちゃん
うるさい☞(・ω・)☜
あなたと念願のキスですね(〃艸〃)
何回でもできる!←( ∩'-' )=͟͟͞͞⊃ )´д`)ドゥクシbyあなた
監督
監督
いい感じ!OK



北海道での撮影は本日をもちまして以上となります!
お疲れ様でした!

次は春らへんに撮ります!
紅一点ちゃん
紅一点ちゃん
お疲れ様でした(°∀° )/
のんちゃん
のんちゃん
ありがとうございました*´ㅅ`)"
という訳で、北海道での撮影終了!

次は4月5月位に撮るらしいです!