無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第13話

「付き合ってるから」
私達はまた、遊園地に遊びに来た
美玲
美玲
どこ行くー?
私、コーヒーカップ乗りたい!
千秋
千秋
げっ· · ·あのどこが楽しいんだよ。
千秋は嫌そうな顔をしたが、
しばらく間を置くと「仕方ねぇな。」
と言って手を引いてコーヒーカップの
ところに向かった。
なんだかんでいって、
優しいんだから!
ーコーヒーカップに乗ってる時ー
美玲
美玲
回すぞ回すぞー!!!
千秋
千秋
気持ち悪くなっても知らねぇよ?
美玲
美玲
だいじょーぶ!こんなの、
平気に決まってんじゃん!!!!
私はそう言っておもいっきり
回して楽しんだ。
相変わらず、千秋は平然と回されて
無言でいた。
ーコーヒーカップが終わりー
美玲
美玲
うぇぇぇぇ!!
キモチワルイ· · ·
千秋
千秋
だから、言ったじゃん。
気持ち悪くなっても知らねぇよ?って
美玲
美玲
だって· · ·
気持ち悪くならないと思ってたんだもん
千秋
千秋
はぁ· · ·ほら、水· · ·。
千秋は自分のカバンから飲みかけの
水を取り出して渡してくれた。
でもこれって間接キスになるよね??
美玲
美玲
で、でもいいの?
千秋
千秋
は?何言ってんの?
いいって言ってんだからいいんだよ。
美玲
美玲
だって· · ·飲みかけだから· · ·その、
千秋
千秋
ふーん· · ·なるほどね。
俺が間接キス嫌いだと思ってんの?
美玲
美玲
ッ!!!
だ、だって、そういうキャラじゃ· · ·
千秋
千秋
別に好きな女と間接キスしても
嫌じゃねーよ。ほら、
気にすんな。付き合ってんだから、
間接キスとか普通なんじゃねーの?
付き合ってる· · ·。
千秋からそう言われると安心できるなー
美玲
美玲
んじゃあ、お構いなく!
そう言って私は飲みかけの水を飲んだ
水のおかげか、気持ち悪さは少しずつ 
なくなり、すっかり元気になった
男子
あ、美玲じゃん!
千秋と一緒?他の子達は?
美玲
美玲
え、あ· · ·えーっと· · ·
男子
いないなら、俺たちと遊ぼーよ!
今ちょうど、女の子と遊びたいなって
思ってたし!
美玲
美玲
えっ?!遠慮する!!!!
男子
は?www
どーした?遠慮すんなってwww
千秋
千秋
ごめん· · ·コイツ俺と付き合ってんの
邪魔しないでくんない?
男子
え、マジ?千秋がコイツと?
男子
ぷっ· · ·笑
レベルが違いすぎるだろwww
千秋
千秋
は?
美玲
美玲
え· · ·
男子
だって、千秋はイケメンだろ?
でもさ、美玲は普通じゃん。
そこら辺に居る女だし、千秋も見る目
ねぇーなーwww
美玲
美玲
· · ·そうだよね· · ·
釣り合わないよね· · ·
千秋
千秋
おい、美玲!
男子
なにー?別れるつもり?
美玲
美玲
そんなわけn
千秋
千秋
別れるつもりないけど?
千秋は「俺が誰と付き合おうとお前らには
関係ないだろ。美玲を傷つけるやつは
許さねぇ!もう、俺らの邪魔すんな、」
って言って私の腕を掴んでスタスタと歩いていった
正直嬉しかった。
千秋の気持ちが少しわかった気がするから。
美玲
美玲
でもいいの?私と千秋が
付き合ってること広まっちゃうよ?
言う気ないって言ってたじゃん
広まって冷やかされるの
めんどくさいんじゃないの?
千秋
千秋
いや、めんどくさいし、
言う気無かったけど、アイツらに
誘われる美玲をみて、ムカついた。
だから、手出しすんなって意味で
言ってやったんだよ。なんか文句ある?
美玲
美玲
ッ!!
あるわけないでしょ?!バーーカ!
千秋
千秋
ぷっ· · ·笑
なんで、そんな強気なんだよwww
やっぱ、私は千秋が大好きだ!!