無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第5話

彼女
アイスに苦戦して食べおわり、
花凛たちの元に戻った
花凛
花凛
あ、お、おかえりー!
遅かったじゃーん!
悠斗
悠斗
おかえりさん!
なぁ、花凜· · ·
待って· · ·この空気· · ·
もしかして· · ·
美玲
美玲
付き合ってるの?
花凛
花凛
あ· · ·
悠斗
悠斗
ッ· · ·
千秋
千秋
ほんと、鈍い女· · ·
美玲
美玲
うっさいな!!!
花凛たちが付き合って、
邪魔しちゃいけないと、
私達は帰ることにした。本当はもう少し、
千秋と遊園地を回っていたかったけど、
千秋に電話が鳴り、誰かに会わなきゃ
行けないからって· · ·帰らなければ
行けなくなった。
美玲
美玲
別に家まで送んなくても良かったのに
でも、ありがとう!またね!
千秋
千秋
お前さ、初めにあった時はツンツン
してて、つまんねぇやつって
思ってたけど、今思うとお前· · ·
生意気だったな。
美玲
美玲
はぁ?!どういうことよ!!!
生意気って、逆にこっちが言いたいよ!
「チッ· · ·初日から気分悪い」って
言われたこっちの身にもなれ!
千秋
千秋
あー· · ·言ったな。
そんなこと· · ·
美玲
美玲
はぁ· · ·でも、今はアンタのこと
優しいって思ってるから。
私はそう言って家の中に入った。
ー次の日ー
桜
ちーあーきー♡
千秋
千秋
うわっ!んだよ、お前か· · ·
桜
んだよって何よー!
私は会いたかったんだぞー!
ってか、昨日デート夜までって言った
のに、なんで夕方に帰っちゃうのよー!
え· · ·千秋?
私が教室に入ると隣のクラスの
美人の女の子が千秋の席の近くにいて
デートの話をしていた。
ん?デート?千秋は彼女がいるの?
千秋
千秋
だーかーらー、
用事があったって言ってんだろ?
桜
ほんとにー?浮気とかじゃない?
千秋
千秋
そんな、最低な男じゃねーよ。
千秋はそう言ってたまたま近くを通った
優希を睨みつけてわざと聞こえる声で言った
優希
優希
ッ· · ·
桜
あはは!ほんとにねー!
浮気する男なんて最低だし!
優希は聞こえてるのか、
少し気まずそうに去っていった
美玲
美玲
千秋、おはよー· · ·
この子は?
桜
あ、君が美玲ちゃんかな?
私は桜!千秋の彼女でぇーーす!
美玲
美玲
あ、そーなんだ。
千秋、彼女いるなら言ってよー。
好きな人はいると思ってたけど、
彼女がいるなんて聞いてないよ。
千秋
千秋
なんで、美玲にいわなきゃなの?
美玲
美玲
いや、別に· · ·
桜
え、千秋· · ·美玲ちゃんのこと
呼び捨て?千秋が女の子を呼び捨てに
するの、珍しいじゃん。
千秋
千秋
そう?別に女を呼び捨てにするほど、
女友達いないだけじゃね?
コイツは友達だし· · ·
桜
そ、そか!あ、そろそろ行かなきゃ!
んじゃ、またねー!
美玲ちゃんも、バイバイ!
美玲
美玲
う、うん!バイバイ!
なんか、優しくて可愛い人だな· · ·
千秋
千秋
はぁ· · ·なんか、うるさいヤツで
ごめん。あいつの声のでかさ
ハンパねぇし、そのせいで目立つし· ·
美玲
美玲
いいじゃん、お似合いで!
可愛いよ、あの人!すっごい
2人お似合い!!!
美玲
美玲
カップルの鏡だよ!
千秋
千秋
なに、急に· · ·
美玲、今日おかしくない?
いつも以上にテンション低いし、
高くなったと思ったら、
変なテンションだし· · ·
美玲
美玲
え、そう?どうしたのかな?
私· · ·わかんないけど、
いつもどおりじゃない?
本当におかしいかも· · ·
どうしたんだろう?
------------------------------------------------------------------------
はいどーも!吉村さんです!
多くの方にこのストーリーを
読まれて、お気に入りにしてもらい、
凄く嬉しいです!!!
良かったら、コメントで、
こういう展開になって欲しいとか、
季節のイベントとか、言ってくれると
それに答えられるので、
コメントも宜しくお願いしますm(_ _)m