無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第18話

夏休み
今日で一学期が終わる。
夏休みは千秋とプール行ったり、
祭りに行ったりしたい· · ·なんて、
考えるだけでニヤついてしまう。
美玲
美玲
夏休み、楽しみだなー!
千秋
千秋
あ?どこがだよ。無駄に長い休みな
だけじゃん。長期休みだと暇すぎて
逆に嫌だね。やることねぇし。
美玲
美玲
そ、そうかな?
夏休みに興味が無い千秋に、
遊びに行こうと言おうとしたけど、
言いずらくなってしまった。
夏休みに入り、1週間たち、
今· · ·花凛と遊んでいます。
美玲
美玲
あっっっつい!!!!
花凛の部屋にクーラーないのは
驚き!!!
花凛
花凛
うっさいなー!文句言うなら
追い出すぞー!!!
美玲
美玲
すみません!もう言いません!
花凛
花凛
まっったく· · ·あ、
悠斗からだ!!
花凛
花凛
うっわ!明日花火大会じゃん!
悠斗に誘われちゃったー!
美玲
美玲
良かったじゃん· · ·
花凛
花凛
そーいえばさ、夏休み中に
千秋くんとあったの?
ココ最近、暇さえあれば私と遊んでるけど
美玲
美玲
· · ·うん、会ってないし
連絡も取ってない。
花凛
花凛
はぁぁ?!なにやってんのよ!!!
最近· · ·というより、
一学期が終わってから千秋と帰ろうとしたら
用事があると言って先に帰ってしまってから
連絡は一切取ってない。
美玲
美玲
学校で約束とかしとけば良かったな· · 
花凛
花凛
もしかして、浮気とか?
美玲
美玲
はぁ?!んなわけないじゃん!
千秋、そんなことするキャラじゃないし
花凛
花凛
んじゃ、電話してみれば?
美玲
美玲
え?
花凛
花凛
浮気してないって言いきれるんなら、
電話しなさいよ!
花凛に言われると、私は携帯を取り出し、
千秋に電話をかけた。
千秋
千秋
· · ·もしもし· · ·
すっっっごい機嫌が悪いんですけど?!?!
美玲
美玲
あ、ごめん· · ·なんか、機嫌悪い?
千秋
千秋
あ?別に機嫌悪くねぇけど?
千秋がそういった時、後ろから
女の人の声がキャッキャッと聞こえた
美玲
美玲
え、今· · ·誰といるの?
千秋
千秋
はぁ· · ·悪い。
今· · ·誕生日パーティー。
俺の友達が誕生日で、パーティー
やりたくて、女子達呼んだらしい。
美玲
美玲
そ、そか!楽しんでね!!
私はそういうと電話を切った。
私に連絡してくれなかったくせに· · ·
遊びに誘わなかったくせに· · ·
なんで、パーティーなんかしてるの?
花凛
花凛
その様子、本当に浮気?!
美玲
美玲
· · ·さぁ?
はぁ· · ·ほんっと、千秋のこと
好きになってから性格悪くなったな。
そう思っていると、千秋から
電話がかかってきた。
美玲
美玲
もしもし?(怒)
千秋
千秋
何怒ってんだよw
浮気なんかしてねぇから安心しろって。
千秋
千秋
んで?なんか、用があったから電話
かけてきたんじゃねーの?
勝手に切るなよ· · ·
美玲
美玲
ご、ごめん· · ·本当は、
一緒に祭りとか、プールとか
行きたいなって思ってて· · ·
千秋
千秋
は?んなの、先に言えよ。
俺さ、もう美玲はそういうの、
いいかと思ってたんだけど· · ·
電話越しの千秋の声は、
耳元で話してるようでくすぐったかった。
でも、何故か安心できて· · ·
美玲
美玲
え?!そうなの?!ごめんね?
あ、明日!明日、花火大会あるから、
一緒に行こ!ってか、来て!
千秋
千秋
ぷっ· · ·笑
わかった!行くよ!
電話で笑ってる声も話してる声も、
いつもと違う感じで、なんていうか· · ·
いつもより低い声でキュンキュンしていた
美玲
美玲
ぜ、絶対だかんね!
そう言って電話を切り、明日の祭りが
楽しみになった。
千秋は、絶対浮気なんかしてない。
私は千秋を信じることにした。