無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第16話

観覧車
お化け屋敷もメリーゴーランドも、
おわり、夕方になってきた頃、
観覧車が見えた。
美玲
美玲
ねぇ、観覧車· · ·乗りたい?
千秋
千秋
は?観覧車?
んなの、遊園地に行かなくても
乗れるだろ。
観覧車の乗り場に看板を持った
店員さんがいた。
看板にはよくありがちな、カップル用の
観覧車のことだった。テッペンでキスすれば
長く付き合えるという噂のある観覧車らしい。
美玲
美玲
· · ·行きたい!ねっ!
千秋
千秋
· · ·お前、あーいうの好きなの?
美玲
美玲
そ、そういうわけじゃなくて· · ·
千秋
千秋
いいよ。今日は美玲の行きたいところ
行かせてやりたいから
遊園地に来たんだし。
美玲
美玲
そっか!ありがとう!
私達はそこまで並んでない
観覧車に乗り込んだ
こんな密室はすごい、緊張するなー。
千秋
千秋
なぁ、そんな緊張しなくても
なんもしねぇよ。
千秋はそういうと
優しく微笑んだ
美玲
美玲
千秋、そういう笑顔もできるんだね!
千秋
千秋
あ?なめてんのか?
千秋はそう言って私の頬を抓った
美玲
美玲
なめへないへふ· · ·
(なめてないです)
千秋
千秋
だよな· · ·
そんなこんなで既にてっぺんにつき、
千秋はキスをした
美玲
美玲
えっ· · ·////
千秋
千秋
この噂とか、くだらねぇけど、
美玲、して欲しかったんじゃねーの?
美玲
美玲
千秋· · ·/////
私は千秋の頬にキスをした
千秋
千秋
なっ· · ·/////
美玲
美玲
ひひっ!
ありがとう!
美玲
美玲
千秋大好きだよ!
千秋
千秋
· · ·//
知ってる· · ·。
千秋がしそうもないことを、してもらって
嬉しかった。千秋にキスされた私の顔、
変じゃなかったかな?
しばらく、沈黙で到着するのを
待ってた。
千秋
千秋
· · ·/////
千秋は腕を口元に当てて、
照れてる様子だった。
美玲
美玲
千秋、もしかして、初めて?
千秋
千秋
は?当たり前だろ?!//
美玲
美玲
ぷっ· · ·笑
私もだよ!
今日は幸せなデートの日々でした!
美玲
美玲
また、送って貰っちゃって
ごめんね?千秋、もう夜遅いし、
大丈夫?
千秋
千秋
あ?よゆーで平気。
んなので、怖がってる男、ダサすぎ。
俺をなめてんだろ。
美玲
美玲
なめてないです!
んじゃ、気をつけてね!
私はそう言って手を振って家に入ろうとした時
千秋は私の腕を引っ張ってキスをした
千秋
千秋
おやすみ。
そう言って去って行った
美玲
美玲
おや· · ·すみ。
本当、千秋の行動よめなくて、
心臓が持ちそうもないです