無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第7話

喧嘩
ー放課後ー
美玲
美玲
桜ちゃん、待たせちゃってごめん!
桜
大丈夫だよー!
美玲
美玲
で· · ·?話って何?
桜
美玲ちゃん、千秋の事、
どう思ってる??
美玲
美玲
えっ· · ·?!
(なんで、千秋のこと?)
桜ちゃんは少し気まずそうに、
私に問いかけた。
好きなのかもって思ってから、
桜ちゃんに、このこと言わなきゃって
思ってしまう。
桜ちゃんなら、あの優しくて可愛らしい
笑顔で笑い流してくれる気がする。
だって、誰にも桜ちゃんに勝てないもん。
美玲
美玲
あのね· · ·最近、私おかしいの。
桜
· · ·なんで?
桜ちゃんは、優しく微笑み、
私の話を聞こうとしてくれてる。
美玲
美玲
· · ·アイツに付き合ってる人いるって
聞いて、モヤモヤしたの。その彼女が
桜ちゃんって知った時も胸がチクチク
して、もしかしたら· · ·
桜
やめてよ!!!!!
私が話してる途中に桜ちゃんは大声で
叫んだ。
桜
なんで?なんでよりによって、
仲良くしたかった美玲ちゃんなの?!
美玲
美玲
えっ?
桜
美玲ちゃん、可愛いから、
仲良くしたいって思ったの!
私が仲良くしたいって思った子は、
すごい可愛い子で、私が認めないと
友達にしてやんないの。
美玲
美玲
えっ· · ·なんで· · ·
桜
決まってるでしょ?
完璧じゃないと嫌だから。彼氏も
完璧がいいの。だからね、、、
私の彼氏は千秋じゃないと嫌だった
桜
でも、私の彼氏は千秋じゃないの。
私には彼氏がいないの。
桜ちゃんは、乱れながら叫ぶように
話し始めた。
桜ちゃんの話してることは、
私にはわからない。千秋と桜ちゃんは
付き合ってるはずなのに、付き合っないとか
意味がわからなかった。
桜
私が認めた友達はほとんど彼氏がいて
完璧な人が多かったの。
だから、私も完璧にならなきゃって
思ってたら、千秋に出会って、
うそ彼になってもらってるの。
美玲
美玲
はっ· · ·?
桜
でも私は、千秋の事、本気で好きで· · ·
千秋を手放したくなくて· · ·
美玲
美玲
· · ·私の嫌いな人と、
やってること、同じだよ!!
桜
えっ· · ·
美玲
美玲
自分は完璧じゃないと嫌だから、
完璧な人間を隣において
自分で満足して· · ·隣に置いた
人の気持ちなんてなんも考えない。
美玲
美玲
自分だけがいいと思ってて· · ·
飽きたら、また別の完璧な人を
隣において、元々隣にいた人は
簡単に手放して· · ·
美玲
美玲
私の大っ嫌いな人に似てる!
私は優希のことを思い出して、
桜ちゃんには優希と一緒になって欲しくなくて
つい· · ·言ってしまった。
桜
千秋のこと、飽きたら手放す?
そんなことするわけないじゃん!!
私は、千秋はずっと隣にいないと
嫌なの!!!!
美玲
美玲
だから、その考えがおかしいの!
なんで?好きだから?千秋の気持ちは?
自分だけ好きな人を隣において
満足しないでよ!!!!
「· · ·頭冷やせば?」と冷たく言うと、
その場から去った。
これ以上、長くいれば、
もっと桜ちゃんを傷つけてしまうから。
きっと、これで桜ちゃんと
友達に戻ることはないと思う。
そもそも、まだ桜ちゃんと
友達じゃなかったんだと思う。
あーぁ。良い子だと思ってたんだけどな· · ·