無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第1話

子猫×子犬 0










「ご主人様〜!!どこ〜?!?!」








「なぁ…お前の飯はやく食いたいんだけど…」








「はやく帰ってきてよね!もお〜!!」








「どんだけ待たせるつもりだよ…腹減って死にそーだっつーの」










『おい。捨てるぞ子猫。』











「申し訳ございませんでした」











「ご主人様!はいこれ!誕生日プレゼント!」











「これ…お前が欲しいって言ったから……」











『これお小遣いで買ってくれたの……?』










「うん!/おう……」
















帰ってきて人がいるって落ち着くし安心する。










この2人。拾って良かったかも。