無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

445
2020/08/11

第4話

#4
ガシムラ「ここの数式は20×y、、、」
ガシムラ「??お前ら自習な」
あなた「よっしゃーーーよっしゃしゃしゃわいぱー」
悟「、、、、、、」
篤「、、、、、、、、、、、、」
竜二「がはははははははは‪w‪w‪w‪w‪w‪w‪w‪w‪w‪w‪w」
ガシムラ「ざ、財前がじ、自殺!?」
授業が終わり
悟、竜二、篤、あなたは駅の裏口の秘密基地へ
竜二「セミのぬけがらって、、、食えんのか?」
あなた&悟「食えるわけねぇだろ!」
あなた「なぁ悟、その漫画読み終わったら貸してくんね?」
悟「yadane」
あなた「なぁーもう暇やー篤ー構ってーや」
篤「何する?」
あなた「んーしりとりとか?!」
竜二&悟「お前らできてんのかよ」
篤&あなた「知らない?おれらできてんの」
悟&竜二「どえーーーーーーー!!!???」」
悟「知るわけねぇだろ!!」
竜二「てか、いつから!?」
篤「1年になってすぐくらいからだよね」
あなた「うん」
悟「そ、そ、そんなに長いのか」
あなた「うん」
竜二「うんしか言わねぇのやめろよ‪w‪w」
あなた「ごめんごめん笑」
ザーザーザーザー
篤「雨降ってきたし、そろそろ帰るか」
あなた「だね」
篤「家まで送るよ?」
あなた「ありがと」
ガラガラゴロゴロ〜
悟「また雷かよ」
バコーン(棒)
竜二「近っ!」
ザーザーパッ
一同「え?」
ピカッ!!!!!
一同「うわ!!!!!」
バタバタバタバタガコン!
悟「うっ」
竜二「ごふっ」
篤「っだ」
あなた「」
篤「みんな、無事か?」
悟&竜二「うん」
篤「あなた?あなた!?」
悟「あなた!意識がない、、、、、、」
竜二「😭😭😭😭😭」
篤「泣いてる暇ねぇって!」
悟「病院連れてくぞ!」
ガタガタゴトゴト
篤「隠れて!」あなたを抱えながら隠れる
悟手で口を抑える
竜二「😭😭っ」
バン!      扉が空く
篤「っ!」