無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第2話

1 🍂
ホソク
ホソク
そこ違う
ジミン
ジミン
また?ㅎㅎ
ソクジン
ソクジン
何回目だよ
u
u
すみませッ





毎日のように浴びる批判の声










armyからもメンバーからも嫌われてるみたい






ジョングク
ジョングク
ちゃんと練習してんの?
ナムジュン
ナムジュン
僕の方が絶対上手い
ユンギ
ユンギ
体が重くて出来ないんだよ



💣) ㅋㅋㅋㅋ








失敗したことに対して馬鹿にしてくるメンバー








でも1人だけこんな私と喋ってくれる人がいる








それは



























テヒョン
テヒョン
あなた〜水いる?
u
u
、、、ありがとぅ
テヒョン
テヒョン
うん!





テヒョンおっぱだけが私と喋ってくれる










ジミン
ジミン
テヒョンア〜そいつのことなんて気にしないで一緒に練習しよーよ




こんなことを言われても私の前から動かないおっぱ







u
u
おっぱ、練習して?私は大丈夫だから
テヒョン
テヒョン
そぉ?ずっと練習してるから休まないと
u
u
いいの。ほら





テヒョンおっぱの背中をポンっと押す









テヒョン
テヒョン
じゃあ頑張ってくるね
u
u
うんっ





おっぱから貰ったペットボトルを握りしめて










端っこの方に座る








u
u
(さっきの振り付け間違ってたかな…)






昨日100回以上練習したのに










それでも出来てないとは、、、、、










今日も徹夜で練習だなぁ














Next➥