プリ小説

第23話

ユンギ部屋
ソユン
ソユン
…から家出した
私は話した
家出した理由を
ユンギ
ユンギ
そうか…
ユンギ
ユンギ
俺らはなんで一緒に住むことを受け入れたと思う?
ソユン
ソユン
わからない、なんで?
ユンギ
ユンギ
俺らが成長するのにお前が必要だと思ったから
私の頬をまた涙が伝った
ソユン
ソユン
っこんな私が必要なの?
ユンギ
ユンギ
あぁだからお前を必要としなかったお母さんが理解できない
ソユン
ソユン
グズッ(´;ω;`)
ユンギ
ユンギ
俺らと頑張ってお母さんに見せつけよう?
ユンギ
ユンギ
お前は必要なんだって
ユンギ
ユンギ
な?
ソユン
ソユン
うん!。・゜・(ノД`)・゜・。
ありがと話聞いてくれて
ユンギ
ユンギ
おう!
ユンギ
ユンギ
もう泣くな!
おっぱは私を優しく包んだ
私は安心して寝てしまった
ユンギ
ユンギ
ふっ、寝てるし
ユンギ
ユンギ
このまま俺の部屋で寝かせるか

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

グクのマイクになりたい
グクのマイクになりたい
グク強めのallペンです! なんか、投稿したら応援お願いします! いいね、お気に入り待ってます!
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る