無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第23話

23 たこ焼き【長尾】
長尾
きあーん、いこー
きあん
うん
駿佑
帰るのは、帰るから。
きあん
一緒に?
長尾
しゅんすけも、行こう
きあん
うん⤴︎
3人でわーわー騒ぎながら駅まで、走ったり歩いたり、戻ったり寄り道したり。


久しぶりだよね、仲良し3人


駿佑
買い出し行くんやろ?
駿佑
自転車使う?
長尾
あーそやな
きあん
ニケツしてくから大丈夫
駿佑
こげる?
きあん
うん、あたしが。
駿佑
待っとこか?
きあん
しゅんすけも、やろうよ、たこ焼き
長尾
うん、そうだよ
駿佑
そこか、、、
買い出しするよ
駿佑
重いやろうし
きあん
ありがとう😊😊
きあんの嬉しそうな顔。
よかった、このまま、3人でやれないかな?




この25日のご飯会、基本的には、きあんのお手製の夕飯。
いつもなにかテーマがあったりして。
今日、名古屋がテーマとかだと、味噌カツに赤だしとか。沖縄とかだと、豚の角煮とトビウオとか。
その日に向けて、考えててくれてる、きあんの時間が嬉しくて。
味が美味しいだけじゃなくって、気持ちもいっぱいあって、ほんとに幸せになれる。

目の前で、好き合ってる2人をずーーっと見てきた僕としては、この25日の会だけは、対等で、きあんをどれだけ見てても良かってん。



今日はどうしたのかな?



駿佑
恭平は?
呼んでないの?
きあん
呼ばないでしょ?
駿佑
ふーん
肉のコーナーで2人が話してた。
長尾
コーンは跳ねるからいらんて
駿佑
入れ方やて
美味いやん、甘くって
長尾
ぷちって、熱いのでてくるし
きあん
始まったぁ、とりあえず、買っといてよ




買い物した袋を二台の自転車に乗せて、しゅんくんの後ろにきあんが乗って、走り出す。


これが、3人の姿や。



道枝くん!!





聞きなれない声が、しゅんすけを呼び止めた。


1組の宮川さんや。


きあんが、しゅんすけの腰に回してた手を
ぎゅーーーとして、何か言った。


しゅんくんがきあんの、手を握り、ぎゅーーーてして何か言って、自転車を降りた。


きあんは、何も言わず、僕にも何も言わず、自転車で走り出した。



きあんの背中は泣いてた。



しゅんくん、待ってるから、来てな