無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第17話

17
駿佑
きあーん?
起きてんの??
オレは、きあんの家の鍵をまだ、返してもらえてなかった。


それが、きあんの答えなのか、、、


考えれば、考えただけ、泣きそうになる



きあん
起きてるよー
どうぞ
きあん
でも、ここで、待ってて


やっぱり。
玄関まで。




駿佑
なにしてんだよ?
きあん
だって、デートだよ?
きあん
オシャレしてかなきゃ。
きあん
っていうかさ、しゅんすけ、帽子くらい被ってよ。騒ぎにならない?



あっちから、こっちから、歩き回りながら、きあんが言う。
こーゆーとこ、かわいすぎ。


きあん
あ、もしもし♡
うん、うん。ほんと?
開いてるよ、しゅんすけ座ってるよ
え?うん、いつもこんな。
うん、あけるね♡
駿佑
恭平来たの?
きあん
おはよ、恭平くん♡
駿佑
ムシかよ
恭平
おはよ、きあん、かわいいじゃん
駿佑
・・・っ
恭平
よう、道枝ぁ
きあん
ちょっと待っててね
駿佑
うん、待ってるよ
恭平
(オレは待たないから)
駿佑
(わかった、全力疾走する、渡さない)
きあん
何企んでんの?
恭平
行ける?
きあん
うん
恭平
あ、かわいい。
赤い唇ぅー
駿佑
きあん、換気扇の音してるよ?
きあん
え?ほんま?
駿佑
(おい、今日終わりまで、待ってんのじゃねーのかよ?)
恭平
(この方が面白いじゃん)
駿佑
(なんだよ、それ)
きあん
しゅんすけ、付いてなかったよ?
駿佑
あ、マジで?ごめん
恭平
行こう!
恭平
はい
そう言って、恭平が手を出す。
この前みたいに、、、ってとこなのか。



くそぉ。



きあん
今日は3人だから、手繋がなくてもいいかな
きあん
しゅんすけとも、繋がなきゃになっちゃうからね
駿佑
繋ぐ?
きあん
ううん、いい
恭平
わかったよ
なんだよ、、、






ユニバ。
久しぶりだなぁ、、、


小さい頃、きあんの家族とオレの家族と来たよなぁ。あの頃のオレに会えたら、今こんなにモヤモヤしてないのに。





恭平、かっこいいな

すごいスマートにエスコートする。それなのに、そう見せない優しさがあって。


オレだったら、恭平選ぶよ、オレじゃなくて。


きあんは、諦めるよ。。。
きあんが、楽しそうにしててくれたら、オレはそれでいいから。