無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第13話

13
きあん
あれ?
朝仕事って言わなかった?
きあんより早くきて、座ってた。
やっぱり、怒ってるよね?
きあん
鍵、ワザと?
駿佑
なに?
きあん
うちの鍵!!
駿佑
ちょっと、来いよ
鍵のこと、
親がいないこと、
1人で暮らしてること、
絶対誰にも言っちゃいけないと、言ってんのにさ。クラスで話はじめるから、、、


渡り廊下まで、腕を引っ張っていく


駿佑
きあん、その話は、周りを考えてしなきゃ。
きあん
あ。ごめん
駿佑
きあん自身のことだよ。
え?恭平に言った?
きあん
言ってないよ
駿佑
ならいいけど。
駿佑
あんまり、オレが構ってんのも、おかしいやろ?
きあん
どーゆーこと?
さっぱり、わかんないわ
きあん
独りぼっちにしないって言ったのに。
きあん
うそつき
きあん
しゅんすけ、キライ
きあんは、泣いてた。
なんで泣いてんのか、わかんなかった。



うそつき、の意味もわかんなかった。
教室に帰りたくなくて、そのまま座ってた、そこに。。。
長尾
しゅんくん
駿佑
おはよ
長尾
どうしたの?きあん泣いてたよ
駿佑
なんか、喧嘩になった
長尾
珍しいし。
駿佑
うそつき!キライ!!って言われたよ
長尾
きあん、待ってたのかもな。
駿佑
なにを?
長尾
しゅんくんを。
駿佑
だから、昨日、朝仕事やからって言って先に来たんや
駿佑
1人で行けよって言っておいたよ
長尾
何言ってんの??
長尾
みんな、天然かっ