無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第2話

きあん
別に元気だから。
駿佑
きあん家まで送ってから、行くわ
長尾
わかった
みんなに言っとく
きあん
帰れるし。
駿佑
1人で帰れんやろ?
きあん
余裕やし。
駿佑
まあ、ええやん
きあんの家は、オレの家の隣の隣。
電車乗って、二駅。
そこから自転車。
駿佑
ニケツしてくか?
きあん
うん
いつになく、甘えモードのきあん♡
かわいい

3年に1回くらいしか、こんなに甘えへんよな、、、
後ろから、ぎゅー♡



っていうか。
きあん、あったかいよ?
駿佑
熱あるよな?
きあん
ちょっとやん。
駿佑
あったかいのに着替えて、寝ててな
きあん
うん
きあん
ありがと、しゅんすけ
駿佑
オレ着替えてから行くけど、
帰りに寄るから
きあん
いいよ、寝るから。
駿佑
いいよ、心配