無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第25話

25 待ち伏せ
駿佑
よお
きあんの家の扉の向こう側に座ってた。
長尾
しゅんくん
駿佑
きあんは?
長尾
いるよ
駿佑
だろうね。
駿佑
オレは、何してんのかな?
長尾
また明日ね
駿佑
明日な
立ち上がり、帰った。



家に帰ったら、かあちゃんが、姉ちゃんに話してるのが聞こえる

母)きあんちゃんのパパが帰ってくるって。

姉)よかったなぁ、そろそろ、限界やろ?

母)ただな、、、

姉)なに?

母)迎えに来たってやつよ

姉)え?

母)あっち、行っちゃうって。

姉)え?うそ

母)ここまで頑張ってきたからなって思うけど。

姉)ウチに連れてくるわけにもいかんしなぁ

母)しゅんすけがなぁ、、、

姉)しゅんすけ知ってんの?

母)多分まだやろな。玄関に貼ってある封筒

姉)きあんって封筒?

母)あれ、手紙が入ってる

姉)うそ、、、あいつ、知らんやろ?

母)だから、2人こじれてんのやないかな?

姉)読んだ?

母)あれ、いつ持って帰ってきた?

姉)ちょっと前よ

母)やろ?今日も25日やのに、行ってないんよ

姉)けんと、来てたよ、きあんちゃんち。

母)あら。

姉)なんやなんや、、、三角かな

母)しゅんすけの友達の、高橋くんって、わかる?

姉)背高い?

母)このまえ、あの子ときあんちゃん、、、



がたん



オレ、ここにいるよ




姉)しゅんすけ!!

母)いつから?





結構前。
駿佑
きあんち、行ってくる